« 今年の国家英雄の怪 | トップページ | WESTINからASTONへ »

2017年11月16日 (木)

美しいマンダリカの国宝


インドネシアの観光省のホーム頁に国レベルの文化遺産が紹介されている。全体で102件程度でこれは現在1400件程度のCagar BUDAYAから選定されたものでいわば国宝である。何げなく見ていると先月ブログした観光経済特区マンダリカの近くにあったナルマダ公園Taman Narmadaというのが興味を引いた。

Wisatatamannarmadalombok
ここは19世紀ロンボックの王様の休息の場所でまたヒンズーのお祈りを行う場所で本来なら聖なる?リンジャニ山で行うべきものを、近くで行うために作られたもののようで、大きなプールもあり市民に自由に公開されている。

ここの湖の水で顔を洗うと若さを維持できると言われているそうだが古さと言い、文化度と言い国宝にするほどの物はないと感じた。 

Mandalikalombok564x400expatbiz

また水をかけたがこの近くにはヒンズーの神殿はSuranadiやLingsarなどと立派なものが多い。 小生には国宝クラスの意義が理解できてないだけの話である。マンダリカの位置をはっきり示してなかったがマンダリカはNTB州の州都マタラム市(ロンボク島)の東の端でここから更に東に5km程度でナルマダパークである。マンダリカは多分区で言えばSandubayaの方が地図には出ている。大きなターミナル、大通りの両サイドの住宅兼用店舗の並びは出来ているがマンダリケそのものには余り興味は引かないもののマタラム自体は西にスンギギ・ビーチ、東にリンジャニ山、街区は碁盤上の地区が彼方此方に開発され 西(マタラム・リンジャニから東(ナルマダ・パーク)に中心道路が走っている。
68278465520160330060701_2
ヒンズー王国はオランダの武力侵略に玉砕したためここはヒンズーの遺蹟は残ったが住民の9割はムスリムなのである。  ところでここには Kevinさんに続く美人も多いようだ。

030515_0827_aprincesspa2


|

« 今年の国家英雄の怪 | トップページ | WESTINからASTONへ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の国家英雄の怪 | トップページ | WESTINからASTONへ »