« インドネシア企業へのオンライン化と OECDの波 | トップページ | 今年の富豪の中のSritex »

2017年12月 4日 (月)

マタハリ・デパート 今・昔

Pasaraya
パサラヤに入居しているマタハリ・デパートが閉鎖する報道があったがマタハリはオランダ時代からオランダ人のショッピングセンターのパッサールバルーに在った同意味の店から名前(Zohn)から取ったのであろうか。
「matahari_zohn.jpg」をダウンロード

1940年マカッサル生まれのHari Darmawanが 父と共にゼロからのジャカルタに出て来たのであるが、1958年に店を出したのが最初であるが、デパートとしては1972年代になる。Aprindo(同業者組合)の会長などもやっていたが、金融危機に痛手を負ったようで現在はLippoグループが買収している。彼はボゴールに観光施設Taman Wisata Matahariをオープンしている。
全国60数都市に150店舗以上のデパートやハイパーマーケットなどを展開している。今回の発表ではこの2店舗とTaman Anggrekの店も閉めるようだが、スマトラに2店、スラバヤに1店新規オープンし オンラインも活況故マイナスではないとJames Riadyは言っている。頑張って欲しいものだ。


|

« インドネシア企業へのオンライン化と OECDの波 | トップページ | 今年の富豪の中のSritex »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア企業へのオンライン化と OECDの波 | トップページ | 今年の富豪の中のSritex »