« また税務攻勢 過小資本課税の強化 | トップページ | グレジャ・アヤムの宝 »

2017年12月27日 (水)

マンガブサールのロカサリ辺り

00lindeteves_ciliwun_111_2


タマンサリ郡のLINDETEVESのあたり 或いはGEROGLの裏辺りがMANGGA BESAR町であるしここに通りの名前がMANGGA BESAR の1という通りがあるのでここが中心と言えば中心といえる。この通りはGAJAH MATA通りの運河が分かれて海の方に流れるのに添ってある。

そこはGLODOK PLAZAの裏側で、先日閉鎖されたDIAMOND KARAOKEの裏辺りでもある。GLODOK PLAZAは日本進駐や敗戦の時、捕虜収容所として使われた所で、運河は変わらず流れている。

Vihara_kusalaratna

ここには昔、北のポルトガル教会の筋向かいのBOCIAN橋を渡って来たことがあるが、すぐ近く住宅地の中に大きなお寺があった。説明はないが写真ではVIHARA KUSALARATNAとあった。塀に大きな佛と言う字とか、壁には菩薩像が描かれている。

00lokasari_07


一番頻繁に訪れたのはMANGGA BESAR大通りでありそこにあったLOKASARI SEQUAREだったろうか。昔懐かしいと響きのあるPRINSEN PARK HOTELもここにあった。奥にはちゃんとデパートかモール風にショッピングもできた時代があったがあれは何時だったろうか
コタはチャイナタウンであり、スハルト崩壊のジャカルタ大動乱の時は相当荒らされたのでこのあと長く足を踏み入れることもなかった。動乱の時、ここと具体的に関連はないが、セノ・グミラ・アジダルマの短編にも描かれた暴行の惨状はどこまで本当の話かトラウマになる程である。


|

« また税務攻勢 過小資本課税の強化 | トップページ | グレジャ・アヤムの宝 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また税務攻勢 過小資本課税の強化 | トップページ | グレジャ・アヤムの宝 »