« マタハリ・デパート 今・昔 | トップページ | 11月投資環境 下り坂に不動産投資 »

2017年12月 6日 (水)

今年の富豪の中のSritex

Forbesの発表があったようだがインドネシアのトップはDjarumのHartono兄弟でなんと323億ドル、昨年が171億故5割も増えている。世界の中での1年ほど前は弟132位 116億、兄135位、115億であったので若干違うが その時トップは900億弱のビルゲーツ、日本は39位の孫さん 228億、55位 柳井さん 194億であった。インドネシアの10位までの顔ぶれはほとんど同じであまり興味は引かないが、インドネシアTop50の中で再デビューしたとかで目を引いたのがSritexのIwan Rukmintoさんである。 
Sritex_torigen
Sritexと言えば数年前に友人が工場訪問した時の写真を見せられ、その巨大さと近代性に驚いたことがある。他にも先輩がジャカルタ・タンゲランの工場に居候していたこともあった(記憶違いかな)が、その頃が現在のIwanさんが経営の一線に出てこられた頃だろう。IwanさんはSritexの創業者父H. Muhammad Rukmintoさんの長男でボストンのSuffolk Universityの大学の卒業を手にしているが、小さいころから父のそばで父の姿を見ながら学んだことが今日に繋がっているのであろう。父は1946年生まれで、1966年ソロでバティック・ショップから商売を始めたものでつい最近2014年に亡くなっている。正式にはSri Rejeki Ismanと言う名前で略史を書くと68年にスコハルジョで繊維工場、82年紡績工場、92年大拡張、イ国軍制服から 94年にはNATO軍や他の国々の軍用制服を輸出、2013年上場した。
ガーメントは年産8,000,000枚 軍用他にファッションでZara、JC.PennyやSears向けがある。ガーメント7工場の他に紡績が9工場、織物3工場、染色3工場の工場群がスコハルジョの50haに建っており、東南アジアトップである。
2012年の利益は2,290億ルピア、2016年はドル建てに変更し$59.4milを記録している。ホテルにも進出し10ホテルを保有している。

|

« マタハリ・デパート 今・昔 | トップページ | 11月投資環境 下り坂に不動産投資 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マタハリ・デパート 今・昔 | トップページ | 11月投資環境 下り坂に不動産投資 »