« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 渋滞無しの空のタクシー »

2018年1月 3日 (水)

素晴らしいMacan! ミュージアム


ジャカルタのミュージアムについては2010年11月に54ケ所をアップデートして卒業したつもりだったが最近UKの機関がWorld's five best new museumsを特集しその中にジャカルタのミュージアムが入っていることを知った。
20171228_5

そのミュージアムとはMuseum MACANというものであるが、現代・コンテンポラリー芸術品約800点の蒐集品を展示しているもので創業者はHaryanto Adikoesoemo(60)で企業グループAKRを率いるインドネシア富豪20位(資産17億ドル)の人で、小生は大富豪シリーズも毎年アップデートしている中、記憶の間隙を突かれたのか抜けていたことに驚いている。AKRはオイルトレーディング、ディストリビューション、化学品分野で父Soegiantoが起こした事業を伸ばし、グレシック港湾設備・工業団地、メナド、バリ、スラバヤ、バンドン、ジャカルタにホテルも展開しながら世界的にも芸術品の蒐集で貢献している。
20180103_5
本社はJl.Panjang No.5, Kebon JurukのAKR タワーで、このMacan Musium (+62 21 2212 1888)もこのMM階に11月にオープンした。
20180103
世界的なJeff Koons, Gerhard Richter,Andy Warhol やYayoi Kusama そしてインドネシアの AffandiやHendra Gunawanの作品がここの5階を使用して展示されている。 Googleでは200枚強の写真もあり借用した。Macanはトラの意味であるがManis+Cantikでもある。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 渋滞無しの空のタクシー »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 渋滞無しの空のタクシー »