« ポドモロの故郷 | トップページ | Sahidの大きさ »

2018年1月10日 (水)

どちらにする? Mie Kelinci or Mie A Boen

コタの東西をつなぐマンガ・ブサールの通りの一つ南の東西道路はJl.Samanhudiであるがその中心はPasar Baruである。ここに中国寺院Klenteng Sin Tek Bio(或いはWihara Dharma Jaya)があるはずだが数時間Googleでウロウロしたが結局見つけることが出来なかった。
Bakmi_kerinci
代わりに昔歩いてウロウロした時見つけたMie Kelinciの裏にあり
Mi_aboen
何となく写真に収めた中華ミーレストランMi Aboenがその寺院と関係あることを知った。その時はそのミー・クリンチと言う有名な中華ミーで済ましていたため

20180110
こちらのごってりしたミーは食べることはなかったがここが17世紀ごろのこのお寺の後ろにあった建物の一部であったということだ。その名残か屋根には小さな龍が這っている。
17世紀ごろは近くの現在で言えばバンテン広場辺りは持ち主のAnthonij Paviljoenからパビリヨン荒野と言われ中国人が野菜やイモを耕作していたのでこの辺りに住んでいたのであろう。まだ森林であったろう。
今は色んな建物に囲まれ狭い汚い暗い細道を辿らねばならない。
google Mapで引くとPasar Baruの通りのアーケードのど真ん中昔Zohnという店(今Kompak)の近くのある店の所を指す。但しヤヤサンと出ているので財団の事務局であるのかも知れない。又近くにはジャムーの店Nyona Meneerがあるだけでお寺は見当たらない。 ある記事によるとこのお寺は1812年に北にJl.Samanhudihに面した所に移動したらしい。移った所には現在メトロアトムプラサがある、或いはそのプラザの壁に直接面しているともかかれていたが地図には何もない。困ったことにメトロアトムプラザは2ケ所にあり、またBakmi Abunも2ケ所にあり、このPasar Baru地区(南側)でその様な名前のお寺はなかったが、
20180110_1
本命と思われたKelinci通りから行き止まりの所のMie Aboenの近くで且つその一つのMetro Atomの近くにKwan In Bioというお寺を見つけた。 ここにもGoogle Mapでは行く道がないが Jl. Gereja Ayam側に面したMetro Atomに接しておりMie Aboenとも塀はあるものの隣組に位置する。多分1812年Samanhudiの方に移ったというのが若干違うのであろう。
別のsiteでは1698年築を納得させるような仏像などの写真はかなりあるようである。
Mie kelinciの食べかけのミーは失礼だが比較の意味でアップした。この店は確かジャランサバンやグランドウイジャヤにも似たような店があったのでそちらの方が行きやすいかも。。。


00mie_kelinci


|

« ポドモロの故郷 | トップページ | Sahidの大きさ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポドモロの故郷 | トップページ | Sahidの大きさ »