« PIKKO -Botanica -Sahid Tower | トップページ | Plataran筋向いTeSate »

2018年2月 8日 (木)

Plataran Menteng

Plataran_google
このレストランは何時オープンしたのだろうか、その報道で見た写真を長く保存していたが、調べるほどに“そうだったのか”と思いを深くすることがある。チョクロアミノト通りが北の方でSimpang Limaとなる角地にいくつもの不思議な建物があったがその一つがレストラン “Plataran Menteng”である。

ここはCokroaminotoやRatulanggiやTheresiaにYusuf Adiwinataと言う道路が入り込んで三叉路ならぬ五叉路を形成しその道が早めに右折する道路もありそれにより5つの三角帯を作っている。その所為か渋滞を防いでもいるので便利ともいえる。ここは昔Sjahrilが襲撃された場所で彼の家もこの近くにあったと言うのでよく覗きながら通ったものだ。
Plateran_dsc_0249
偶々撮っていた写真も二つある。 若干のオランダ時代の雰囲気もあったがそれほどの保存価値は感じなかったが相当朽ちていた。
Plataran_p9290164

今比較するとうまく特徴を残しリノベされているがよく見ると屋根の高さが違うので相当改築には金がかかっていると思われる。この家はマンガブサールの病院の名前と同じHusodo (Dr.Lukito)氏が所有していたもので自然を残すことが注文であったそうで新オーナーのYozua Makes氏のエコ哲学に合致した。インテリアや調度品も立派であり、ガーデンの眺めも申し分ない。3階建てになっておりちゃんとリフトもあり、ルーフトップはバーがあると言う。 通常インドネシアレストはアルコールがないのでランク落ちであるがここは感心だ。だがそこまでは写真を飾れないので各自ネットで見てみると良い。


|

« PIKKO -Botanica -Sahid Tower | トップページ | Plataran筋向いTeSate »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PIKKO -Botanica -Sahid Tower | トップページ | Plataran筋向いTeSate »