« Plataran Menteng | トップページ | プラザ・インドネシアの面々 »

2018年2月 9日 (金)

Plataran筋向いTeSate

00cokroaminoto_apr_2013_8

チョクロの五叉路の不思議な建物と言うのは、レストランPlataranの旧屋はさておき、正面に見えるのが建物もいわくありげだ。銀行と言うのは判っていたが営業をやっているようにも見えないし、今よく見るとBank Artha Grahaである。あまり大衆の預金は要らないと見えるある有名なグループの銀行である。昔のランキングを見ると27位くらいでみずほインドネシアと三井住友インドネシアの間で、なるほどと感心する。

00cokro_menten_268

そしてラトランギ通りの方に目を移すとこちらにはモダンなインドネシアレストラン “TeSate”がある。 これもいつだったか急に立ち上がって、その白い明るい建物の雰囲気に度肝を抜いたことがある。
Tesate

TesateとあるからSateが得意分野らしいが夜は楽団の入ってなかなかのものの様だ。但しこちらには余りガーデンらしいところがないのでまたPlataranの写真を尋ねてみた。 

Platarangoo

どちらもうまそうな料理の写真は五万とあるが、テラスガーデン風の場所は少し限られるようだった。Platran の意味は彼らのページには“God‘s Favorite Place”ということだがサンスクリットだろうか 8言語辞典をみたが見当たらなかった。


|

« Plataran Menteng | トップページ | プラザ・インドネシアの面々 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Plataran Menteng | トップページ | プラザ・インドネシアの面々 »