« サヒッドのレジデンス | トップページ | アヤナはミッドプラザ »

2018年2月 2日 (金)

ラマヤナ・ロビンソン

00pasaraya_palmerah101
最近インドネシアの小売業が関心を持たれている。その一つがラマヤナ・デパートでNNAニュースでは今年は首都圏で5店舗開設するニュースを流していた。 Indonesia Investment誌は決算見通しが書かれていたがそれによると2016年でグロスプロフイットが2兆ルピア台、純利益が4,000億ルピア、ネットマージンが5%、2017年以降凡そ10%程度ですべてがアップしている。マージン率からグロス売上を逆算すると2018年は売上8.9兆ルピア、純利益5,150億ルピア、マージン率5.8%である。
00_robinson_saban
店舗は「ラマヤナ」のほか、「ロビンソン」「チャハヤ」があり合計で2017年末で116店舗であるが2016年からオランダの食品スーパー「スパー」を出店してきているそうだ。
2015年が減収減益であったがその後は順調なることがニュースのポイントであろうか
オーナーはロープロファイルであるが2010年で資産313億ドル、インドネシア富豪50位の58歳PAULUS TUMEWUである。2016年は基本変らない323億ドルであるが順位は109と下がるのは已む無い。

会社名は正式にはPT Ramayana Lestari Sentosa, Tbk本社はWahid Hasymであるがそういえば昔、タナーアバンに抜ける手前に大きなデパートがあったがいまはない。同じくジャラン・サバンにロビンソンがあった。そしてパルメラーのパッサールにラマヤナがあった。どちらも現在もあるはずで少し古い写真だがアップしておいた。


00ramayanawahid_s


|

« サヒッドのレジデンス | トップページ | アヤナはミッドプラザ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サヒッドのレジデンス | トップページ | アヤナはミッドプラザ »