« ノンバンクのインドネシア語 | トップページ | ラマヤナ・ロビンソン »

2018年2月 1日 (木)

サヒッドのレジデンス

大きなサヒッドと言うブログを書いたが、それはまさか小生が入院した病院がサヒッドの病院だったからである。それはジャカルタ30年の小生にも初めてのものであり、病院が通になっても威張れるものでないから、それはそれで終わるのであるが、この間思い出した病院から外を見た風景写真ですぐ前に大きなビルがあったからそれを調べてみるとこれもサヒッドのもので サヒッド スディルマン レジデンスというアパートであった。
Large_1459929427_6179227


自分の会社からも1km以内に、まさにこんな近くにいつの間にという感じであった。ところがここは2009年に建っていたし24階建ての1DK-3DKの697unitsもあるので噂にもなったはずである。

Sahid_residence_miticanza


ロケーションは申し分なく隣のブロックはケンピンスキーホテル、ミッドプラザ、City Walk Mallなどに指呼の間に囲まれている。City Walkには日系スーパー コスモが営業しており、レストランは自分のビルの1FのMiticanzaを筆頭に隣のビル、ミッドプラザには20にも余る店があると言える。Misticanzaと言えば入院した時病院からはここの出前を取ってくれた。 デング熱にはたんぱく質系の料理が必要だったのであろう。ResidenceのFacilityには以下の全てがある。
• ATM
• Broadband Internet
• Cafe
• Children Playground
• Dry Cleaning
• Gymnasium
• Laundry
• Mall
• Mini Mart
• Parking Lot
• Restaurant
• Sauna
• Whirlpool
• Jogging track
• Security
Developperは大手のPikkoグループである。ケンピンスキーホテルの横の道から入ると奥の正面に見える。この道はそこで右に曲がりCity Walkの方に抜けるのでそこから見るとこのビルの前がSahid Sahirman Memorial Hospitalとなる。
Sahid_hospital_s
今日はgoogleだけで記事を書いた。
(注)隣のホテルはケンピンスキーではなくアヤナです。次のブログに説明します。

|

« ノンバンクのインドネシア語 | トップページ | ラマヤナ・ロビンソン »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノンバンクのインドネシア語 | トップページ | ラマヤナ・ロビンソン »