« プラザ・インドネシアの面々 | トップページ | 表彰のMuseum di Tengah Kebun »

2018年2月13日 (火)

マンガブサールの観音ビル

20171228_2

マンガブサールの大通り、ロカサリ辺りの向かい側に派手な高い建物がある。
Vihara
7階建てのビルだから仏教寺院には見えないが中国大乗仏教のお寺でGuan Yin Tangと呼ばれているがVihara Avalokitesvaraとも言われる。アヴァロキティシュヴァラーとは如意輪観音(観世音)菩薩である。現在はSatya Graha財団の下にあるが最初は1936年に一人の尼さんが信者の資金を集めViharaを建設したがその頃は信者はわずかであった。この尼さんの後お寺を守る比丘尼にDewi Juwitaが選ばれ、その頃から信者も増えて来た。1983年、お祈り場も広げたが仏像もなかったのでシンガポールで水を注いでいる観音像を見つけ又資金を集め購入した。現在6階には観世音菩薩や阿弥陀如来、文殊菩薩の像の祭壇があるそうだ。

|

« プラザ・インドネシアの面々 | トップページ | 表彰のMuseum di Tengah Kebun »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラザ・インドネシアの面々 | トップページ | 表彰のMuseum di Tengah Kebun »