« 多様性のアセアン | トップページ | 今月のインドネシア 税務経済法令サマリー »

2018年3月23日 (金)

Midplazaのレストラン グループ

00midplaza_1
ジャカルタの中で一番多く訪れたスポットはミッドプラザのはずであるが思い出そうとすると肝心の所がぼやけてしまう。 大体ミッドプラザには二つのビルがあるのでスディルマン通りの正面がミッドプラザ Iで裏側がIIとなるのであろうが、
00midplaza_iiigooglre
今勘違いに気づいた点はIIの方は、ホテルだと思っていたがちゃんとオフイスビルのIIがあり、ホテルは3メートル幅の道一つ離れてその裏に別にあったのである。(googleの通り)従いここには三つのビルがあり、そしてその地下街はつながっていたためにレストラン探訪だけの小生は混乱していたものの様だ。ホテルは最初ケンピンスキーの名前を名乗った後インターコンチとなり今はアヤナ ミッドプラザホテルの名前となっている。これら地下には多くのレストランがあるが、その盛衰もありこちらも現在は誰がどこにあるか小生には解らなくなっている。解りやすいのはIの方のベースメントに居酒屋酒菜がある。もう20年もなり一番お世話になった店である。当時その奥にタイちゃんラーメンと料亭力亭、一番奥にもchoonisと言う中華があったが其処はその前は“しゃぶ河”だった記憶がある。
酒菜は総板張りの広い居酒屋であったがその後モダーンで白黒デザインの座椅子の小部屋スタイルに変わったのでそれ以降足も遠のいたが、その地下のフロアーは今はトントキという豚料理とうどん区という店が出来ているようだ二つは中2階でつながっておりトントキは江戸風民家を気取っているそうだ。他に酒菜の横にはAro Aroyというアジア料理店がある。ファーマシーその他もろもろ店を見ながら裏に向かい ミッドプラザ IIの地下にはThe Stakehouse The Grillと中華料理
Ah Yat Abalone Forum Restaurant Mid Plazaなどがある。 昔はここにうめな鳥と言う串焼きがあったが現在はプラザ・スナヤンに移っている。 Ah Yatはアバロン・シャークスフインの店でホテル側にあった気がするのだが、先を急ぎホテル側を見るとここには日本料理店の“ほん膳”と言うのと“門”=カドというのがある。ホテルだから他にもラウンジやレスト、バーもあろうが、ここのベースメントはタケノコ診療所や洋風スーパーがあった。 タケノコは隣のサヒッド病院の方に移っているほかこのべースメントの現況のイメージは沸かない。
以上のレストランの店でAh Yatと うめな を除き全て経営はKawano河野グループでMidplazaのビジネスグループである。 同グループは8ブランド、12アウトレットを保有しているそうだ。  もう何年も行ってないのでE&OEである。レストの写真もない。


|

« 多様性のアセアン | トップページ | 今月のインドネシア 税務経済法令サマリー »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多様性のアセアン | トップページ | 今月のインドネシア 税務経済法令サマリー »