« 世界のサクラ | トップページ | 2月の投資環境:新顔続出 »

2018年3月 9日 (金)

タナロットはやっぱりTanah Lot


月刊 「インドネシア企業経営」 2月号表紙写真:バリ中西部、サンセットで有名なタナロット寺院。16世紀ごろ、ジャワから来たヒンドゥ教の高僧の勧めで建立されたと言われている。エルニーニョ現象による海面の上昇などで海岸の浸食が進んでいたのを、日本のODAによる景観再生プロジェクトで修復された。ブサキ、ウルワトゥ、タマン・アユンなどと並んでバリ六大寺院の一つに数えられることもある。
素晴らしい写真だが近くで見ると壮観だろう 引き潮では渡ることも出来る・
00indomalco_cover_foto_feb_2018


|

« 世界のサクラ | トップページ | 2月の投資環境:新顔続出 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界のサクラ | トップページ | 2月の投資環境:新顔続出 »