« インドネシア3月の投資環境: 一帯一路迫る | トップページ | Skyscraper Cityの様々 »

2018年4月13日 (金)

おしゃれHang Tuah / Hang Lekir通り

Hang_tua

ジャカルタの通り過ぎる街角で惹かれる通りで妙に縁があるのはHang Tua通りである。2回目のジャカルタ赴任の際何かの縁で知り合ったインドネシア人の家がこの通りにあったからであろうか。「Hang Tuahも英雄名とは」としてこのブログでも取りあげたのはもっと前かと思ったら2011年であった。日本スーパーのコスモが移転してきたBulunganからこのJl. Hang Tuaに来たのであるが、この道に少し並行して北端でムルトモ大学とBinus前辺りで合流する道が兄弟分のHang Lekirである。そしてこの道は南端はパクブオノ通りで、その南の区に二つHang LekiuとHang Jebatを冠する道路網の地区がある。
Hang_tua_coffee
Hang Tuaと言うのはマジャパヒット時代のマレーシアの英雄話の一人であるがHangというのは漢だろうか。後一人Hang Kasturiというのを入れ5人の侍である。バタム空港につけられたHang Nadimという名前はHang Tuaの子供である。
The_hang_tua_aug_15

記事に取り上げた動機はこれもJP誌だったか探訪記が出ていたからでもあるがそれほどの目玉はない。
Hang_tua090

何かあると思いながらも駐車がしにくいため通り過ぎることが多いから店の探訪はない。ただそれほどレストランのいいのがある訳でもなく Binus前からHang Lekir側に掛けてCook ShopとかBeautika、Day Spa、Ozone、Tulipとかの施設を挙げることが出来ようか。
Hang Tua I にはしゃれたホテルもある。googlより
Hotel_hang_tua

|

« インドネシア3月の投資環境: 一帯一路迫る | トップページ | Skyscraper Cityの様々 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア3月の投資環境: 一帯一路迫る | トップページ | Skyscraper Cityの様々 »