« スマランのKota Lama | トップページ | ジャカルタフェア100年 »

2018年6月21日 (木)

Jakarta City Hallでもオープンハウス

00city_hall_dki_lama


今日 レバラン、Jakarta City Hallでもオープンハウスで、誰でも歓迎している。コタの方ではなくモナスの方である。ちょっと前は土日にはCity Hall Tourを行っていた。いつも通り過ぎるだけでジャカルタに住んでいてもあまり要がないので何があるか知らないが時間つぶしにはなろう。BKPMでなく市の投資調整局の方が楽だと言うのでここでSIUPを取ったことくらいしか思い出せない。

しかしここの歴史についてはこのブログに書いたこともあるがJakata Postの切り抜き写真があったのでそれで補充してみよう。
May_09_batavia_198写真は2009年


正面から覗くと大きな噴水池の向こう側にオランダ時代からの建物があり、ここにCity Hallと関係する歴史が始まるのだが、1995年発行の市の紹介文書ではここ(Merdeka Selatan No.8)にはかって西ジャワ州のガバナーの住所であり、市役所自体はその住宅の隣にあったとあるが、他の文書では Burgemeester/or Mayorの住所且つ事務所であったとある。City Hallと言えばコタのファタヒラー広場が有名だがそちらは1913年頃までその機能があったそうで1913年に一旦Abdul Muisに移った後すぐ1919年にこちら(Konigsplein)に移ってきた。独立後3代目の市長のSudiroは隣にあった建物(1850年代建築)も事務所として使用した。現在残っているのは多分その邸宅の正面テラスだけだと思うが後ろ側はアリ・サディキン時代の1968年頃から取り壊し現在の24階建てのビルを建設した。それは現地人だけで成し遂げたが一人だけ外人が居てそれは日本人のコンサルタントだったという。
    要領は得ないがtourに参加するしかない。


|

« スマランのKota Lama | トップページ | ジャカルタフェア100年 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマランのKota Lama | トップページ | ジャカルタフェア100年 »