« アンチョールビーチに遊ぶ | トップページ | 地下鉄 ブロックM駅 »

2018年6月28日 (木)

Love Bridgeを渡りMata Elangスタディアムへ

20180507_6
Ereveldオランダ墓場はアンチョールの海側に添って広大なスペースにびっしり十字架のお墓が整然と並んでいる。前回と逆にそちらに向かっての風景では昔は何もなかったが

Kiri_ereveld19

今は海側に伸びていく木製の歩道橋が続いている。Googleのアルバムでは墓地の入り口から少し離れてLove Bridgeと言う表示が表れていたが、これが歩道橋であろう。


20180623_28
更に探し廻っている内に上空からの写真に出くわし、昔何もなかった海上に長い木製の歩道橋がオランダ墓地を外から抱くように伸びて丁度墓地の裏側の広い砂浜に届いている。

20180526_1
そこには大きなモール等建物がある。
モールの方は、5月頃アニス知事がジャカルタプロサッカーチームにスタディアムを建設しようと意気込んだBMW広場(Taman Bersih Manusiawi Wibawa )をgoogleで探したとき出て来た出て来たMata Elang International Stadiumがある。

20180623_24
その時はこんな近くにStadiumがあるのに又建設するのかといぶかったが今日このMata Elanga Stadiumは屋内スタディアムでこのモールと合体した建物群のどこかにある事が解ったのであった。


そして更に昔この建物群の1階は駐車場になっておりこの駐車場を抜けたところのその最奥にバリ風レストラン ジムバランがある所であったのである。
又この近辺はアンチョールの最東端探検時http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/ancol-water-fro.html覗いた広々とした広場であったのである。ここもスタディアムの一つ二つは立つ。位置関係をお世話になったGoogle Mapに示しておこう。


Love_bridg_to_meta_elang_dan_jimb_5


00dsc_0231


|

« アンチョールビーチに遊ぶ | トップページ | 地下鉄 ブロックM駅 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンチョールビーチに遊ぶ | トップページ | 地下鉄 ブロックM駅 »