« 5月投資環境:過激派蠢動 続発テロで血塗られ | トップページ | 2階建てJapek高速道路 »

2018年6月 8日 (金)

心落ち着く善福寺とハリス


00jun2018_9

先日のオランダ人通詞 ヒュースケンさんが会議会食の後戻ろうとしたアメリカ公使館があった所は麻布十番の善福寺である。南北線地上に出ると麻布明神がすぐにあり、又通りの向こうが十番になるが一度駅の裏手に回って遠回りして行こうと思ったが麻布図書館の裏手辺りは急坂(潮見坂)があり、面倒なのでタクシーにした。
00jun2018_2
歩けば500メートルの所善福寺を大きくぐるりと回っても450円の距離で懸念したお寺の階段坂はなく緩やかに上がる道でホンの100メートルもなく入り口からハリス公使館跡などの案内を見ながら登っていける。


Jun2018_7

境内にも記念碑はあったが、ここには親鸞聖人像や樹齢750年の巨大な銀杏や有名人のお墓などいろいろ由緒・歴史もあるが、
00jun2018_5
ネットを見ればすぐ解ることだからここでは書かない。ハリス氏についても坂田精一氏の著作が詳しいので書くこともないが、日本人が初めて畏敬し信頼したアメリカ人であったことは確かである。


|

« 5月投資環境:過激派蠢動 続発テロで血塗られ | トップページ | 2階建てJapek高速道路 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月投資環境:過激派蠢動 続発テロで血塗られ | トップページ | 2階建てJapek高速道路 »