« Googleでボゴール駅に行く。 | トップページ | マンガブサールのカトリック »

2018年6月 2日 (土)

ワルテッグ インドマルコ インドネシア企業経営より

00indomalco_foto_cover_may_2018
中部ジャワ州テガルの大モスク。最初の建設は、対オランダ抵抗運動の指導者ディポヌゴロがジャワ戦争を闘っていたころの1825~30年ごろと言われている。その後、何度かの改装を見て、今の姿がある。テガルは、1920代にインドネシア共産党の拠点の一つになった地とも言われるが、20世紀半ばまでは砂糖産業が栄え、現在はテーボトルをはじめとした茶のブランドが集まっている。名物は子ヤギの串焼き料理。テガル出身者による飯屋台「ワルン・テガル」、略して「ワルテッグ」は全国に広がっている。
同紙5月号の表紙(ホームペイジ:https://www.indonesialink.net/indomalco/より借用しました。同誌には移転価格の税務調査戦略が続いてます。

|

« Googleでボゴール駅に行く。 | トップページ | マンガブサールのカトリック »

インドネシア法令時報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Googleでボゴール駅に行く。 | トップページ | マンガブサールのカトリック »