« 世界のエアライン・ランキング | トップページ | あの頃の朝鮮 ”この世界の片隅で“ »

2018年7月21日 (土)

クラシック・カントリー ミュージックに学ぶ

Classic_country

昨夜はYou Tubeで履歴をみるとなんと40曲ほども聞いていたことになる。一つはTop100 Classic Country Songs of All Time を中心としたものであったが、何の曲か誰の曲か紹介のないだらだら編成である。クラッシック・カントリーと言うのはゴルフの話ではなくラジオ局が流したFormatでGolden Ageと1960-90が二つの山である。その中で聞いたこともある歌はキャッチした歌詞の部分からYou Tube で検索を掛けて正しいタイトルと歌手を確認して楽しんだ。簡単なのはキャッチした部分がタイトルになるものだが、Member Me とか No whenとかちょっとしたアクセントなどで訳が分からず情けない。それでも
なんとか5つほど確保した。
1. Remember When…“Remember When”歌手Alan Jacksonである。
2. Know when to hold down…. “Gambler” by Kenny Rogers
3. You’re always on my mind…”Always on my mind” by Willie Nelson
4. On Sunday morning …make body healing..”Sunday Coming Down”by Johnny Cash
5. I’m gonna love you forever.. “Forever & Ever” by Randy Travis

永遠の愛とは! 何かで“永遠でない人間が永遠とは烏滸がましい”と言う言葉に出会ったが仏教の愛別離苦と言うように愛は苦しみをうむものと言うことを明らかにみる事なのであろうか。逢いは別れの始めともいう、或いは耽らざれば何を憂えんと言うことでもある。


|

« 世界のエアライン・ランキング | トップページ | あの頃の朝鮮 ”この世界の片隅で“ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界のエアライン・ランキング | トップページ | あの頃の朝鮮 ”この世界の片隅で“ »