« 地下鉄 ブロックM駅 | トップページ | もとDKBのジャカルタビル »

2018年7月 5日 (木)

UB・Luhur WIKA KABITA

00univ_budi_luhur_salemb_matraman

Univ.Budi Luhurと言う大学がある。Wikiで調べると7頁に渉り説明があるが住所は中々表示されず1回だけCiledug Raya 99とあったが、小生が探す建物の画像とは異なるものであった。小生が何気なく撮っていた画像は4~5階建ての商店アパート(Ruko)で屋根に長い看板でこの大学の表示があったのでWikiに住所を尋ねた物であった。これが空振りで再度写真を見ると固有名詞があるのはPondok Ayam Kabitaと言うものとWIKAと言う名前である。これで又Googleで探すこととしたが、数時間かけてやっと探し出したのは看板に出ているWikaの電話番号でやっと探し出したのである。

00salemba
それはSalemba/Matramanの角であった。 WIKAもKabitaも支店が複数ありその建物の写真がない限りGoogle/Wikiでは確認が取れず、最後で電話番号で解った住所で次にGoogle Mapで辿って探したのがこれである。これにはWIKAはなくKABITAらしいものが下にあり、又屋根の上に大学のUnivの字が見える(クリック拡大して右上の木の陰)のでそれで確信が出来た。大学名は高貴な友と言う意味のようだが評価コメントはできないので上述ペイジ数だけで勘弁してもらい、(WikiにはこのSalembaの一言もない)、決め手となったWIKAについてはPT. Surya Loka Mas と言う会社が作っている製品名で水処理(浄化や熱水)の機器のようだ。町でよく見かける名前である。
Kabitaも支店は多い(OtistaとかMerayuとか。。ところがSalembaの住所はないものの)ので旨いのであろうか。このブログの為の調査作業の成果はここに行き味を試すこと位であった。

ここは独立宣言広場からプラムカバードマーケットに向かうFlyoverに上がる左手で社会省のビルの側面裏にあたる。
00matraman_raya_25_okt_2014_43

そこまで解ってマイアルバムを見るとそのFlyoverから見たその建物と そのFlyoverを逆には降りてくるところの写真があった。その建物は右手で通り過ぎて見えないがその隣のMenteng Squareがある。


00menten_squaredsc_0034


|

« 地下鉄 ブロックM駅 | トップページ | もとDKBのジャカルタビル »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地下鉄 ブロックM駅 | トップページ | もとDKBのジャカルタビル »