« 現代インドネシア画家 | トップページ | マルンダのAl Alamモスクが最古か »

2018年7月30日 (月)

Velodrome 自転車競技場 2

ジャカルタでのアジア(ASEANではない)競技大会が近づきスマホにも何故かVelodrome会場が100%完成しこれでアジア一だと喜んでいた映像が流れた。https://www.youtube.com/watch?v=RZKwOkhkR-o
Velodromeとは自転車競技で、2014年頃ゴルフ場に行く道で道路名にこの名前を見つけ当時意味は知らず、何かラテン文字らしさに惹かれブログhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/velodrome-b7fc.htmlに紹介したことがある。

Pemuda通りをプロガドンの方角に向かって行く所でこんもり緑の地区で大学のキャンパスや運動公園を過ぎた所でクラパガディンの方向に左折したところがvelodrome通りである。通りの名前になっている位だから前からここは自転車競技場だが今回は完全な新築ドームの国際規格でドイツ(一部イギリス)からの技術を輸入、実際の建築も全部ドイツ人がやったそうであるが床は国際規格の木材、約3,000人収容、予算は650億ルピアだったそうだ。自転車以外でもバトミントンなどの競技も出来る設計で又 隣が野球場(Lapangan Bisbol)が出来ている。
00_lrt_b

Berita_valid1527146677
この通りには何故かクラパガディンからここまでの高架LRT鉄道(5.8km)が建設された。2016年頃工事開始してあっと言う間にMRT高架部分も追い越した。 大したものだここからTanah Abangまで延伸する話はあるが先ずはAsian Gameの後の話で詳細は明らかではない。
ところで小生にはオリンピックの自転車競技は記憶にないが東京オリンピックの時の屋内自転車競走は伊豆にあるようだ。


|

« 現代インドネシア画家 | トップページ | マルンダのAl Alamモスクが最古か »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代インドネシア画家 | トップページ | マルンダのAl Alamモスクが最古か »