« 二つあるAl Alam モスク | トップページ | 見直すプレスリー »

2018年8月 4日 (土)

その後の2階建て高速道路

046349500_1532669294foto_liputan6co

Japek IIについてはレバラン前に推定話を書いてレバラン後の進展を待ったが、あまりあらたな発見はない。推定した部分は2階に上がった後どこで下或いは一般道に出られるかであるがあの区間のCiknirからKarawangまでは今は9ケ所のゲートがあるが其処の降りれるスペースが、遠く日本からは懸念されたからである。重量のあるトラックなどは2階は使えないので下は貨物輸送車、上は乗用車(より具体的にはGolongan I dan II)となる。鉄道なら2種類の列車を一本のレールスペースで使うとすれば、2階は急行となろうから、このアイデアが捨てきれないからである。Cibitungは何時かつながる高速JORR 2との合流点のジャンクションとなる。。
インドネシア語の表現にいつも疑問を挟んでいることが小生のダメな点であるがその後解ったことは
1) この間のセクションは以下の通りとなるとの表現から素直に9インターチェンジと理解すべし。
Seksi Cikunir-Bekasi Barat (2,99 km),
Bekasi Timur (3,63 km),
Tambun (4,34 km),
Cibitung (3,30 km),
Cikarang Utama (4,46 km):ここまでで18.7km
Cikarang Barat (2,72 km),
Cibatu (3,16 km),
Cikarang Timur (2,45 km),
Karawang Barat (9,79 km).合計(36.8km)

P3240015
2) Grand Wisata へ(Tambunから行く道)の横切る大きな陸橋は更に大きなスパンの橋で乗り越える。
20180718adatigalokasipemasanganstee

3) 橋桁Steel Box Girderは全体で2,400個であるが既に500個は据え付けた。(7月20日) 進捗率は40%の報道だらけであるがこれはWaskitaが分担するCibitung Utamaまでの19㎞(51%担当)の話である。
4) 途中右と左に分かれる区間が9㎞と20㎞にあり更に左に寄り、最後右左に分かれる。(原文困難)
5) 各車線は幅3.5mの2車線を持っている。(外側は2.5mか:Di atas (jalan tol layang) ada 2 lajur selebar 3,5 meter dan 1 bahu luar selebar 2,5 meter)
6) Cikarang Utamaの料金所は廃止する。(前後の料金所で調整するのかな)
7) 予定通り2019年3月開通計画である。
又の進展をアジア大会終了迄待とう。


|

« 二つあるAl Alam モスク | トップページ | 見直すプレスリー »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二つあるAl Alam モスク | トップページ | 見直すプレスリー »