« マヌンガルあれこれ | トップページ | 華人の眠る所 »

2018年8月20日 (月)

海運サムドラの今

海運サムドラがコンテナー船2隻を日本に発注したニュースをNNAで見たが、
00samudra2008_mar_095
Samuderaと言う名前はすぐカリブサールの崩壊オランダ建物を思い出し、またオランダ企業を接収したり、ベンテン政策など政府が手を伸べた捗々しくないプリブミ企業へ連想してしまうが
00samudera
、一方いつも通るエスパルマン通りで見る本社ビルとは大きなギャップを感じて来たが、このニュースで古色歴史より現代ビジネスが勝利を得たことになる。このコンテナー船は内海造船と大阪朝日海運がそれぞれ受注したそうだがその金額は1隻3,000万ドルだそうでこれでサムデラ社の保有船舶は42隻になるそうだ。
更にニュースを探るとコンテナー船はついこの3月シンガポールから小型を引き取った話など、或いは2018年第1四半期売上 225百万ドル 利益も売り上げとも10%の伸び、2018年投資資金1.9億ドルを割り当て、 今年の配当金 655億ルピアを予定などと出てくる。 余り他者比較はできないがかなり評価されようか。
創業(1953年)したSoedarpo Sastrosatomo(1920年生まれ)は2007年に没しており、その後長女のShanti L. Poesposoetjiptoが会長となり2008年頃の富豪で60歳、148位、68百万ドルとあったが、彼女ははその後多くの賞を得たり活動されている。
00samudera_kali
崩壊建物は現在の写真を覗くと半分リノベが進んでいたものを見た。そういえばカリブサールは観光の為大々的改造されているがこの運河の川辺り遊園プロムナード作りは更にインタン吊り橋へ、そこからスンダ港迄つなぐそうだ。 今までに以下のタイトルで4回もブログにしていたのだ。
 崩壊Maintz&Co建物とJakarta Kotaku :http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/maintzcojakarta_c284.html オーナーと後継娘さんについて
 オランダ建築の特色 :建物の特色
 Syarifahのperwari: Mien Soedarpoの母はインドネシア女性慈善事業家
http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/syarifahperwari.html
 Jakarta Fastest Tourist Destination: カリブサールとソウルの遊歩道

|

« マヌンガルあれこれ | トップページ | 華人の眠る所 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヌンガルあれこれ | トップページ | 華人の眠る所 »