« 本当のJAPEK IIはIIIか | トップページ | インドネシア進出企業必携 第2弾出る »

2018年8月 7日 (火)

7月の投資環境 :株価魅力アップか

7月の投資環境 :株価魅力アップか
7/12 韓国投資証券、イ現法設立。
7/19 JPモルガン・チュース銀、対イ投資判断「オーバーウエイト」に引き上げ。
7/30 総合株価指数6千超え6,027.94ポイント。
Bursaefekt_photogorakunjana
写真はBursa Efek Indonesia. Foto ilustrasi: Gora Kunjana より借用


統合オンライン許認可システム進展へ
7/9  中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システムOSS(オンライン・サブミッシ ョン・システム)開始
7/19 BKPMもOSS引き継ぎに意欲、OSS専門の新部署立ち

大型投資・都市建設も更に進展
7/1  インカ、バニュワンギに鉄道車両新工場建設へ、投資1.6兆ルピア。
7/17 五洋建設、パティンバン港建設受注、東亜建、りんかい日産他JV、約500億円
7/28 河北鋼鉄集団、クンダルに鉄鋼工場建設へ、投資$25億、国内最大の300万t
7/5  ソフトバンク、リンクネットと提携、リッポーの新都市などへのIoT技術導入
Ion_no4
7/13 京浜急行、伊藤忠やシナールマスと合弁でサウスゲート内にてタワーマンション (29階建て)の分譲へ。イオンモールはイ4号店決定

国内IS制圧
7/9  デポックの民家でライフル所持していた5人逮捕、イスラム過激派
7/16 スラバヤ・テロ(今年5月)以降200人逮捕、うち20人射殺 と国家警察。
7/30 IS支持の過激派組織JADは非合法:南ジャカルタ地裁が解散命令。

事故・災害も常に要注意
7/3  スラヤル島沖で連絡船が浸水、4日までに34人の死亡確認。
7/29 ロンボクでマ震度6.4。少なくとも16人死亡、8/5余震で震度7で98名死亡


|

« 本当のJAPEK IIはIIIか | トップページ | インドネシア進出企業必携 第2弾出る »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当のJAPEK IIはIIIか | トップページ | インドネシア進出企業必携 第2弾出る »