« アストラの一族 | トップページ | 8月度投資環境トピックス アジア大会。団結成功で自信、 »

2018年9月 7日 (金)

マンマ・ミア! ABBA Takes It All

未だ3日ほど日にちがあるがABBAのジャカルタ公演が観られる。実際はABBAのミュージックを中心に編成された劇団の公演である。JAKARTA POSTが報じた ‘Mamma Mia!’ Wins and takes it allと言うタイトルが目にはいったのである。
2018_08_24_52287_1535074610_large
ミュージカル公演でタマン・イスマイル・マルズキ・テアターで9日迄である。Mamma Miaと言うのは同じ内容で作られた映画のタイトルでそれを見ると22曲ほどが入っているそうで知っている歌をピックアップすると

›Chiquitita、
›Dancing Queen、
›Gimme! Gimme! Gimme!
›I Have a Dream
›Mamma Mia
›Money, Money, Money
›S.O.S.
›Slipping Through My Fingers
›Super Trouper
›The Name of the Game
›The Winner Takes It All
›Voulez-Vous
›Waterloo
こんなに多くの曲を知っているのは自分ながら不思議だが、好きな歌はWaterlooとSOSかなと今思う。ジャカルタ公演ではFernandoなどが入ってないようだ。ABBAのカセットは 昔、ジャカルタでコレクトしたカセットの山の中にあるはずだが、あまりの多さに他の懐かしいカセットに埋もれて時間が過ぎて行く。

Sl1600

念の為ネットで探すと古いカセットが2万円台で売っている。小生もメリカリに出したくなったが、ジャカルタのは海賊版故、価値ゼロだろう。タイトルのMamma Mia!と言うのは全英ゴルフ優勝者の報道でも使われていた。


https://www.youtube.com/watch?v=c6kVLAn-MsM将にABBAもマンマ・ミアの驚きだ!彼らは1974年デビューし1982年には解散しているがその短い間に世界各国で公演しながら愛を紬ぎ、結婚しそして二組とも離婚したが、その後解散で消えていくグループをファンが許さず、テレビドラマになり、映画になり、レコードを出し、コンサートを行いTributeバンドやこのミュージカルともなったのである。早読みの内容だから皆自分で読んでいただきたいがThe Winner Takes It Allは彼ら4人の曽っての夫婦二組のその後の心境を謳ったものの様に聞こえる。。。我々の場合は勝者も敗者もなかったと。
The game is on again
A lover or a friend
A big thing or a small
The winner takes it all

もう一つのマンマ・ミア!クラスニュースを、この少し前にキャッチしていた。 それはポールマッカートニーの日本公演ニュースである。 これはいずれ。。

追:ABBA自身、今年新曲と共にreunion、復活果たしている。彼らは1950年生まれ68歳である。ミュージカルは1999年初演で2016年最長記録である(継続中?)。 世界40ケ国以上、インドネシアは今回が初めて。日本は2009年。劇団四季による日本版マーマミアは通算3,000回公演した。

|

« アストラの一族 | トップページ | 8月度投資環境トピックス アジア大会。団結成功で自信、 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アストラの一族 | トップページ | 8月度投資環境トピックス アジア大会。団結成功で自信、 »