« インドネシアのアジアハイウエー始発駅 | トップページ | アグン・セダユのアグアン »

2018年9月28日 (金)

Galaxy Townとアグンセダユ全物件 

00galaxydsc03452
Sequisのグヌン・セウと小生自身よく混同するのがアグン・セダユであるがまた混同する話がある。一昨日のグヌン・セウのグルプ―会社Farpointがブカシ・バラット南でrelauchしたBekasi Square(REVO Town)を見て
00p3240066
更に南を探訪した時そこに Galaxy Cityがあった。大分昔。時間がありぶらりとするときこの新住宅地を見つけ、
町のレストランで中華・インドネシア風 チキンステーキを咥え乍らいい町だと感心したことがある。

Dsc03453
今アグンセダユの昔のブログでは下に書いたグループの開発物件の一つにその名前を見つけ今頃になりこの時のGalaxy Cityの開発主体が解ったのであるが、それがFarpointのRevo Townの南に位置していたので冒頭の両グループが混乱に陥りそうになったものである。


00darmawangsa_sqr_048
Agung Sedayuは非上場で手がけた不動産は;Darmanwangsa Square、Grand Galaxy City Bekasi、Kelapa Gading Square、HARCO MANGGA DUA、Mangga Dua Square、Golf Island at Pantai Indah Kapuk、  Green Sedayu Biz Park Cakung、RESIDENCE  8 @ SENOPATI、District 8 @SCBD、Bukit Golf Mediterania PIK、Golf Lake Residence、Golf Residence at Kemayoran、Grand Cibubur Country、Green Lake City、Green Mansion、GREEN VILLAGE、Green Puri、River Valley Residence、Senayan Golf Residence、Puri Mansion、 Mall of Indonesia、PIK2、etc 40物件もあり首都圏をくまなくあり先日来挙げグヌン・セウのDuta AnggadaやFarpointの物件リストも併せてみるとジャカルタの発展に彼らが如何に食い込んでいたかが解る。総帥はSUGIANTO KESUMA氏である。グヌンセウはDarmawangsa Hotelの敷地にresidenseをたてアグン・セウはその近くにDarmawangsa Sequareを持っているがHotelのオーナーはどちらなのだろうか


追加(Oct.26) Menteng Park Cikini 3 apartmen

|

« インドネシアのアジアハイウエー始発駅 | トップページ | アグン・セダユのアグアン »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアのアジアハイウエー始発駅 | トップページ | アグン・セダユのアグアン »