« 2018年9月 | トップページ

2018年10月の投稿

2018年10月19日 (金)

タウンシップNo.3 のデルタマス

先のHansonグループの15,000haもの住宅地開発はこれからのものであり、過去に単独でブランドを持った開発物件はないので、これら大型住宅地のランキングはやはりBSD、Meikarta、そしてDelta Masになるのだろうか 但し、Jababekaは2,500とか5,000とか計測の問題もあるので後にまわすとして、又Cibuburも全体は大きいがここはシナールマスを含む大手Developerを合計すればの話である。
00deltamas_2012_1


そこでDeltamasであるがこれもシナールマスのものである。但し今はだれでも知っている通り日本の双日が主に工業団地開発の為参加し合弁の形をとっている。工業団地Greenland International Industrial Center(GIIC)は現在 1,300haで会社として全体の開発許可面積は3,000ha(実際は3,200ha見当か)である。この全体の名称がKota Deltamas とコタが付いているのでこれは住居と商業地域或いは医療・教育施設を含むものであるがジャカルタ都市部にもモールの上のハイライズビルと複合させ商業施設と住居+アルファーの小規模なものをコタとかCityを付けているのは多い。例えばKota KasabrancaとかThamrin Cityであるので、これら小規模のものと区分するためにはインドネシア語ではKota Mandiri(自立都市)とか英語ではTownshipを使用すればいいであろう。
20181019_2_2

20181019
そこでこのタウンシップのKota Deltamasであるがこの開発主体の会社名はPT Puradelta Lestari Tbk である。この株主はSinar Mas Land(SML)が53%(株主名・比率は変更あり要留意)、日本の双日が25%である。ファミリーの個人所有もいくらかはあるのかも知れない。会社の会長はMuchtar Wijaja、社長はHONGKY JEFFRY NANTUNGで、副会長と副社長は当然に双日からである。
設立は1993年11月、そしてつい最近2015年5月に上場したばかりである。 商業施設は高速道路からの入り口ゲートウエー及びCivic Greenに用意され思い出すのはイオンが前から進出を計画していた。住宅は全体の22%を予定し 最近パナソニックのパナホームとの開発のニュースがある。

最初と最後の写真は2012年のもの、真ん中は同社の宣伝写真を借用した。

00deltamas_2012_2

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

元祖シナールマス

Sinarmas

元祖シナールマスと言うのは一寸おかしいがグループ創設の総師Eka Cipta Wijaya氏95歳の事である。
大きくなりすぎたシナールマスグループの事を何か触れるとするとその要は簡単にでも資料化しておく必要があるが、今まで多くのシナールマス登場のブログを書いたが総師については恐れ多くてできなかった。そこでWikipedia程度の受け売りとしてもいいではないかと、全体図の部分を掲げることにした。

氏は福建省生まれ(1923年~)で、中国名は黃亦聰(Oei Ek Tjhong)渡ったマカッサルで中学から商売を初めている。そして1970年にシナールマス社を設立し、大財閥に育て現在事業を紙パ、アグリ(食用油など)、金融・保険、不動産開発、通信、エネルギー・インフラの6部門に分けている。2018年のフォーブス富豪リストでは実質1位の139億ドルである。(世界でも100位見当、日本なら3位グループか) 氏は子だくさんで息子さんだけでも9人+娘8人、それぞれが部門や地域を担当しているが。何人か挙げれば長男トゥグー(紙パ)、次男ピーター(シンガポール)、3男フランキー(インドネシア・パーム・開発)、4男インドラ(金融)、5男フランクル・ジャワール(ホテル・オフイス)、6男ムクタール(BSD)、そして今や孫の時代にもなりつつある。PT Sinar Mas Multiartha Tbk(SMMA)は全体のホールディングではなく金融部門の統括会社であり、グループ全体の頂点の持ち株会社はグループの要として存在するのか不明で多くの国内外上場会社が重層的にある。
巨像のようなもので一挙には触れないので徐々に焦点は好みの不動産に迫りたい、その一歩である。


| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

Kota WisataとGrand Wisata

Kotawisatathumbs
Cibuburの中心地は高級住宅地のKota Wisataであり、先のブログでタイトルのつけようもなくいやになったと言うのは何を言ってるのか解り難いが、

Grandwisatalogo
その前によく似た名前にGrand Wisataという高級住宅地もあり、この二つをシナールマス・ランドのホームペイジで見つけ、更に彼らの物件ギャラリーを見ながらその膨大さ、巨大さ、多岐広範さ、豪華さ、高級さ、花樹と陽光の温かさに驚いた後の感慨であった。


それは今更、この年齢で、この生活の中で関係を持とうとも何の手段もなく遥けき彼方に行ってしまったこのグループに対等に対応できる日本企業ももはやないのではないかとさすら思ったからである。Grand WisataはJAPEK高速道路のブカシの辺りに高速をまたぐ大きな陸橋とその看板があり、そこの専用の高速出口(Tambun)からGrand Wisataに行くことができる。

Gwisata_cibitung_18

Kota_wisata_2012pc050137

そしてそこを長方形の右上とした図面を書くと左下の隅がKota Wisataなのである。従い両社は対角線上でつながる。
Grand Wisataは全面積 1,100haと大型で、2㎞南にアジア一とか言われるWater Park Go Wet ! がある。対するKota Wisataは単独では480haであるがその南の同じシナールマスのLegend Wisataを含めると1,050haとなる。コタの中には美しい公園や設備の数々もあろうが行くことも住むこともできない身には事業チャンスとしてのみの記述としよう。尚TODとしての高速とLRTの路線は共に近くにオープンを待っている。
入り口当たりの自分の写真は古いがアップした。下は位置マップ

Map_kota_legend_wisata

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

Ba-SAR-Nas

先般チブブールのボーイスカウトジャンボリー地区で、震度7.0の地震が発生、災難者も出た事件が起きたようだが、実際は国家災害救援庁に訓練だった。この国家災害救援庁と言う機関はBadan Nasional Pencarian dan Pertolongan からBASARNASと省略されこの省略形の中に英語のSARが入っており、それは捜索と救助(Search & Rescue)であった。本文にも何も解説はなく報道タイトルがびっくりする内容だったので調べてみたわけだがこのSARには以下のように多くの意味があった。 昔SARSと言うインフル菌の発生も思い出された。又冬が近ずいたのでインフルエンザには気を付けよう。(無料接種の案内もきていた)


1. =Sons of the American Revolution
アメリカ革命の息子たち:アメリカ独立革命の前夜にイギリス本国政策への抵抗を目的として結成された植民地人の大衆組織
2. =Safety Analysis Report
安全性分析報告書
3. =Saudi Riyal
《通貨単位》サウジ・リアル
4. =scaffold-attached region
骨格付着領域
5. =search and rescue
捜索救助
6. =sialic-acid-rich
シアル酸の豊富な
7. special administrative region
《a ~》〔中国・北朝鮮などの〕特別行政区
8. =Special Administrative Region
特別自治区、特別行政区◆中国返還後の香港(1997~)およびマカオ(1999.12~)の。香港内では SARだけで「香港」を指す。
9. =specific absorption rate
比吸収率
10. =statistical analysis report
解析報告書
11. =structure-activity relationship
構造-活性相関
12. =successive approximation register
逐次近似レジスタ
13. =suspicious activity report
疑わしい取引の報告◆マネーロンダリング対策のため、疑わしい取引を金融機関、弁護士、税理士、一般企業などが法執行機関に報告すること

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

チブブールの驚異

愈々LRTのチブブール線の線路敷きが始まったようで絶好の別荘地が都心と近くなる。12月には開通とか言われているが、チャワンから都心への乗り入れとか接続は触れられてないのでその確認は別の機会にしたい。別荘地と言ったが前から通勤可能な住宅地で今後は更に人口が増えるのだろう。ところで一言でチブブールと言っても色々ある。

Map_cibubur
チブブールの名前が冠せられた場所・施設等の広さは小生の目測では5kmx20kmに渉るようで少なめに見ても10,000haであろうか。そこは県市で言ってもジャカルタ市、ブカシ市、デポック市とボゴール市の4県を掠めるほどだが、行政区分ではCiracas郡の中のCibubur町だけで4.5km2と小さなものだ。Google Mapから作ったその部分では左上の1cm四方程度だ。Jagorawi高速のGT Cibiburがまず中心線でその左手がジャカルタ・デポック、右がブカシ・ボゴールで最左に森林公園(Kehutanan)、南はLegenda Wisata住宅地、右はCitraland 北にインドネシアボーイスカウト・キャンピンググラウンドの色々施設がある。
Kota_wisata_mal

Kot_wisata_1
従いここをBSDやJababekaなどと同じようにコタ・チブブールとひと塊のコタとは言えないが、その中にいくつかのそれより小さめのKota 或いはCity XX と言うのがいくつかある。上記のLegenda WisataやCitralandもそうだが最大はコタ・ウイサタが右の中心地にある。Kota WisataもLegend Wistaは二つともシナールマスでCiputraはCiltraland Cibuburの他にこの南東のJonggol地区に Citra Indah Cityを開発している。この他にもHarvest City やRaffles、Puri xxxなどいくつかもある。以上Cibuburを大掴みにしてみたが、タイトルのつけようがむつかしく大概いやになる。写真は2012年


00cibubur_raffles_hill

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

バテック・クリスでHansonに行きついた

東京建物のプレスリリースで、プロジェクトに参加させてもらう相手パートナーのダルマ・ミトラ・ウタマの代表者にHandokoとのみ書いてあった。ネットでサーチしても会社名も代表者名も掠らなかった。以前日本の企業が当地で事業をやるのに町の名前がCilincingとかCakungが正しく読めてないものにぶつかったが 騙されてないことを祈る気持ちになる。そして斯く言う小生自体、最近関連不明の名前のラッシュに会っている。こちらは新たな発見のうれしいラッシュである。
00batik_cokro_aug_15_6_2


先ずはHandokoで姓はTJOKROSAPUTROである。父はKasom Tjokrosaputroで1920年代にソロでバティッククリスの事業を起こした(実際のPT Batik Kerisの設立は1970年)事業家である。父は1976年に亡くなったが、設立の時からHandokoが社長で又弟Handimanが1974年来、紡績・ニット部門のPT Dan Lirisを担当している。Handokoは1949年生まれITBは多忙で中退のままである。Handimanは1952年生まれフイラデルフイアの繊維学校卒。
20181012_2

Handimanの娘さんMichelle Tjokrosaputroは1992年パリのアメリカ大学を卒業後自らのハンドバックの事業を起こしてカルフールなどの小売市場を通じて販売していたが、Dan Lirisは倒産の淵に立たされて父の懇願の声で父の繊維事業への愛を感じ後を引き継ぐ決心をした。Global Business Guide誌、Women’s Obsession誌、SWA誌などにも取り上げられている。Bateeqと言うFashion ブランドもクリエートしている。
Bateeq0301


会社の名前はUdan Liris霧雨を意味する。霧雨が撒いた種子に芽を出させ強い植物に育てるというわけだ。Kasomの5人の子供の係累の中で後一人成功者がいる。それがHansonグループのBenny Tjokrosaputra(kasomの孫、Handokoの子息、Trisakti1991 卒)であったのだ。彼はBentjokさんと呼ばれるが繊維から輸送まで41の会社(うち以下5社が上場)を率いている。

1. PT Hanson International Tbk (MYRX)
2. PT Rimo International Lestari Tbk (RIMO)
3. PT Armidian Karyatama Tbk (ARMY)
4. PT Sinergi Megah Internusa Tbk (NUSA
5. PT Oto Trans Indo
この中にはバティックはないが何度も確かめたので一族は間違いない。
冒頭の名前のラッシュという部分の他の名前の一端をを挙げると;
眼鏡のKasoem、
産業大臣Surachman Tjokrodisurjo、
Indika グループ富豪 Wiwoho Basuki Tjokronegoroがいる。


| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

Harapan Indahはコタ

西鉄の3番目の住宅開発The Veranda(Cilandak)はブログで紹介したが2番目のは昨年の事だったか目に留まらなかったようだ。その時同時に二つの状況は説明したがhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-2dc6.html、これはDamai Putra Development社と合弁で同社が開発中のブカシのKota Harapan Indahで総戸数は1,531戸(2棟 2期分、22年竣工)を建設するものだった。
今未だ建設中だろう。

6850774558b7470998bbda305e8755a4

ところでこのHarapan Indahであるが、Kotaという名前を付けている通り、CityでありCityの機能を全てDeveloperの手で用意するもので総面積は2,200haもある。
Damai Putra Developmentは1981年創業以来、ジャカルタ市・ブカシ市・中部ジャワ・東ジャワ地域とインドネシアの広範にわたり不動産開発事業を行っているそうで代表者はBenny Gunawanである。Bekasiに来る迄はMagelangからPurwokerto, Purbalingga, Wonosobo, Purworejo, Salatiga, Yogyakarta, Madiun, Ponorogo, Sidoarjo, Temanggung及びSurabayaで事業を行ってきた。 


044351300_1537418985kota_harapan_in
ブカシでは2013年にモールやオフイス棟も完成し2014年からフルに販売している。彼は68歳であるが、すでに子息Edward Gunawan,はPepperdine UniversityのMBAと University College London の都市開発などのMScを卒業し参加している。教育機関もSekolah BPK Penabur, Al-Azhar 、Universitas Esa Unggul .或いはホテルはSantika Premiereが開業したはずである。ホテルはKota Harapan Indah Mallを持つ16階建ての上層である。難点は若干遠いとかバス使用となる点である。 その後2,200は2,500haとなっている。


| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

15,000HAの住宅地 Hanson


Hanson_maja_3

恐ろしい話に出会った。首都近辺の新都市開発でシナールマスのBSDが6,000ha、続くのかリッポーのメイカルタが5,000haを知ったあと続く新都市開発をシリーズで探そうと思っていた矢先なんと15,000haに出会ったのである。知る人は知るのであろうか、既に2013年頃からの話である。今はHanson International Tbkのハンソン・グループであるが社長のBenny Tjokrosaputraは自らの会社Mandiri Mega Jayaを1973年に設立し1984年からSoloで住宅開発を始め現在は400haの住宅地をやった後首都圏に進出し90年にこれを子会社化する形で上場し、金融危機で放出する土地を購入し今まではむしろ大手ディベロッパーの為に土地を供給してきた(過去10,000haを供給)が2009年からの住宅開発ブームで自らもデベロッパーに注力する方向を変更、従来から鉄道駅アクセスある遠距離地を手当てしてきて今は4,000haを首都圏で持ちローコスト住宅供給に転身するが、この株主割当で増資し資金15~20兆で更に土地11,000haを手当てしようとするものである。
Hanson_maja_1

過去Ciputraと460haを共同開発してきたが今後は独力或いは中韓台香の企業を呼び込んでやろうとするもので現在保有地はバンテン州Maja地区(Balaraja, Tigaraksa及び Cikande県にまたがる)が中心で今後の手当含めBogorやSerpong地区を狙っている。やはり華人のスケールは大きいと感心する。15,000haと言えばパリの面積を越えた1.5倍である。
>

Hanson_maja_2


写真はgoogoleMapより。借用。行ってみることだ

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

Ciptra Residense のCitra Premier

次から次とジャカルタではデラックス レジデンシアル アレアが開発されるニュースが流れるが、これらのニュースにはロケーションが明示されてないのでこれを探し当てるゲームにはまることが出来る。

Citra_garden

その中でも難しいのはチプトラかもしれない。まずはこの名前からスペリングがあやふやになる。元の謂れはCinaのPutera(或いはPutra息子)であることのだがこのままCiputeraなのかCiptraなのかに或いは変化させたCitra(イメージの意味)も使っているので確かめねばならない。グループの会社名はCiputra Development TbkとCiputra Property TbkとCiputra Surya Tbk(Tbkは上場会社の意味)があるので Ciputraが正しいのだろう。開発済みのプロジェクト名を挙げると 住宅関係だけ且つジャカルタだけにするとCitra Garden City、Ciputra World、 CitraLake Suites、Ciputra Mall、Citra Grand Cibubur、Ciputra International、Citradream 、CitraHome Apartment、Sommerset Grand Citra、Ciputra Residenseとなる。殆どロケエーションを冠したものはなく将に普通名詞に近い。

00citra_lotte_world22mar15_69

Citra_lotte_world22mar15_27

00ciputra_hotel
念の為Ciputra Propertyを見るとこれは子息4人が1994年に設立し開発物件はWorldとMallとHotelが主で全て名前はCiputraが冠されているようだ。(SammasetはWorldの開発地の一角でその前からあった)
PT,Ciputra Suryaの開発案件は例えばCitraLand Surabaya、CitraGarden Sidoarjo、CitraGarden Lampung、Ciputra Golf & Family Club Surabaya、Ciputra World Surabaya、Universitas Ciputraなどがある。主としてJawa外であるが、ここでもCitraは住宅だ。

最初に上げたCitra Garden Cityは飛行場の近くのKalideres地区にある。ところがGarden Cityは1984年からCiputra Residenseにより開発されたとされており、それで気が付いたが、Ciputra Developement tbkを頂点とするグループ企業にあと1社非上場でCiputra Residenseと言う会社があったのである。又Citraは主格のCiputraが作った目的格の住宅に付ける名前かも知れない。
所でこの9月4日にニュースで報道された新しいコンセプトのシニア 向けresidenceはCitra Premier by Living Well云々と言いCiputra Residenseが豪州の会社リビング・ウェル・シニアーズ・コミュニティーズとの合弁で作った高齢者向けクラブである。50歳以上のシニアに家の外での活動に参加する場所とイベントなどを提供するようだ。インドネシアでもシルバーロングステイの時代になってきたのかな

Citra_premier_goo


| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

9月度インドネシア投資環境:ニュースは停滞、8月と共通

*大型地震 2件 * Rp暫安で輸入抑制 *プルタミナ女性元・現社長に司直の手
*大統領選白熱 政治不寛容 *高速道路建設は進む *日本の鉄道会社不動産投資 
*韓国勢い $62億経協、現代SUV生産、斗山火力、現代EGディ工場 地震見舞一番乗り

以下記録
9/5  京阪電鉄不動産とナイス、ジャバベカとチカランでゴルフ・リゾート開発計画。
9/13 ダイセー・ログ・インドネシア、GIICで物流倉庫建設
00rumine2016

9/20 ルミネ、プラザ・インドネシアに12月オープン。
9/26 西鉄、チランダックで分譲マンション合弁開発へ、総事業費71億円
9/5  貿易赤字抑制で1,147品目の輸入PPh22税率引き上げ
9/26 首都の埋立事業は停止、計画あった17島のうち13島の基本許可取り消される。
9/24 政治的不寛容が増えている:イ調査研究センター。来年の大統領選に向けて注意。
9/18 リンタス・マルガ、クルタジャティ高速道、融資8.9兆ルピア獲得。
9/14 首都外環第2高速道は来年の開通目指すと公共事業相。
9/26 チネレ~セルポン間高速道路建設に国有3行とBCAによる協調融資9,500億ルピア。
9/27 デポック間高速道(全長21.6km)一部開通、アンタサリ~ブリギフ間5.8km。
9/28 中スラウェシでマグニチュード7.4、3mの津波も発生。死亡被災急増中  Oct8で5,000人も予想 RIP...

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

ジャカルタの東京リバーサイド

Pik2_5


東京リバーサイド等と言う魅惑的な記事を保存していたのを、頃合いだと開くとまたアグンセダユに出会った。そういえば9月28日のブログ「アグンセダユのGalaxy Town」で上げた同グループの物件リストの中にPIK2とかパルタイ・インダー・カプックの名前があったがそれと関係するらしい。

Pik2_1
ジャカルタ・ベイの人造島の真向かいに見る地区で大昔行った時は、もうはずれで、のどかさがあった。当時其処にTsu Chiの礼拝堂があったが今回のこのシリーズではアグンセダユに近いPulauIntanが建設したものである。グループの本社ビルもPulauintanが建設したものの如しで文章で確認したものは出会ってないが両社も非常に近い中かも知れない。

Tokyo_riverside_picsart020602_orig_
PIK2と言うのは当時から地区の名前であると思っていたが今見るとなるほど地区の公共的名前には違いないが、彼らが開発する一帯の都市の私的名前でここに東京リーバーサイドや大阪リバーサイド(道頓堀)、旭川など地名を付したアパートがある。全体で1,000haの中には広い空間の中で緑地やガーデン、湖水、白浜、Waterpark、Lotte Thema Park、Shibuya Shop Arcade、UGM、Prasetiaなどなどが計画に見える。日本人が昔、欧米の都市に留学し西欧の文化・文明に圧倒されたようなことが、今にここジャカルタで日本人を襲うのではないかと心配だ。Aguan氏が何故日本の名前をつけているかも事情は知らないが小さいStudioタイプの部屋など多く用意したのが氏の日本イメージなのだろうか、シルバー世代のリタイヤ―ヴィザ用かもしれない。だからかここの価格帯は数億ルピア、つまり日本の1/ 10過ぎないので第2第3の別荘も構想できる。


| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

西鉄・プラウインタン勃興飛躍

わが故郷の西鉄が又ジャカルタで住宅開発に参加したニュースがあった。日経やジャカルタ新聞の報道は有料であるので同社のプレスニュースを当たって見た。
00pulauintan_cilandak_1


今回のは南 ジャカルタチランダックの地下鉄始発駅ルバックブルスの近くで、現地PULAUINTAN社(社長Pia Sudarto)と共同で分譲マンション「ザ・ベランダ」4棟、663部屋を開発すると言うもので来年着工し23年竣工予定とのことだ。これでロケーションはかなり明確である。実際にGoogleで行って見ようと思い立ち探したがその近くに Veranda Pondok Indahと言うのは見つけた。ここはMRT Terminal Lebuk Bulus の南でもう少し南西側にで10年もむかしだったか決壊したSitu Gintungという貯水地があった。Pondok IndahはLebak Bulusの北の高級住宅地なので名前を借用したのであろうか。
00pulauintan_cilandak_2


Googleのカメラ隊はいつ廻ったのか知らないがその辺りの空き地は既にクレーンが二本立って工事の囲いがしてある。施主が解らないので再度VerandaとLebak BulusとPulauintanのセットで検索したら引っ掛かった写真はもう建設は仕上がりTopping風景である。これはよくよく見るとLebak Bulusは無視され、Puri Pesanggrahanで2016年の出来事だったことがわかったがこれも彼らのプロジェクトには違いない。


何せ彼らのサイトのプロジェクトリストは15ケ所が14頁に亙って(約210件)が名前と写真がありそれぞれクリックすると又写真が出てくる充実さである。それも大型のものでありこれだけの不動産開発会社(大手は上場)は見たこともないが此方は総合建設会社で最近でこそ自ら開発も行ってきたものだろうと推察した。インドネシアの不動産業界は華人の開発会社(施主)は大手がきらびやかにあり、その建設会社は国営大手中心に5~8社程度が有名だけで、民間上場は皆無なので疑問視していたもので今頃その一つ(非上場ではあるが)を見つけたことになる。なるほど少しは見た記憶がある。
西鉄はこれがジャカルタ第3弾で第1弾は先にブログした日系4社共同のBSD案件であり

00kota_harapan_damaiputra_2_2

2件目はブカシの開発会社Damai Putra Development社(代表者:ベニー・グナワン)のKota Harapan Indahで総戸数は1,531戸(2棟 2期分、22年竣工)を予定している。地方鉄道の西鉄も相当なものであるが、インドネシアの中(?)堅企業の成長も驚異である。

Pik3425b

数ある施工の中からこれは彼らのサイトの説明ではThe Head Quarter of Agung Sedayu Group and Salim Groupとある。


| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

アグン・セダユのアグアン

先週の続きでアグン・セダユの総師はSUGIANTO KESUMA氏である。2018年の富豪リストを見るとインドネシア第47位 67歳の 資産$997milである。(グヌンセウのトップはHartadi(68歳)とHusodo Angkosubroto(63歳)兄弟で$1,350milの37位であったので一人当たり同格か或いは上となる。)
グループの会長であると共に2014年から PT Bank Artha Graha Internasional Tbkの副会長、PT JIHD (Jakarta
International Hotels & Development Tbkの会長である。
Tsuchisugiarto
氏は中国の仏教Tzu Chi の副会長をしており、NUと協力覚書をしている。Tzu Chiについては「インドネシアにもZhu Chiの教え」http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/zhuchi-34f7.html?optimized=0で書いたことがある。
成功を遂げた彼は彼の財産、心も体もこの救済的活動に捧げている。一方でジャカルタ港湾プロジェクトでKPKから追及を受けてもいる。1951年パレンバン生まれの華人でAguanという名前でも呼ばれ、彼はスハルト時代末期以来Tomy Winataとパートナーであった。 Siapa-siapaによるとこの間の事情を次の様に表現している。 AquanはあのTommy Winata とは分離することはできません。Aguan は強力なギャングのネットワーク九龍会の頭領でトミーのボスだったのでインドネシア警察との関係も近く。警察が関係する"プロジェクト" がある場合は、"呪文" (Mantera)を持っていた。。。。。

いくつかのメディアがインドネシアにドラゴン・バンク・インターナショナルの進出を報告した。バヌアツに本拠を置く銀行は、マネー・ローンダリングを受けた後に「違法なお金」を管理する金融機関の1つで、オーナーの1人はスハルトの社長が所有するPTハラパン。。である。。。。いつ頃のことを言っているのか詮索しないことにした。
Artagraha

そして今年7月トミーウイナタの持つPT Bank Artha Graha Internasional Tbkの株主総会はAguan Sugiantoの息子Richard Halim Kusumaをコミサリスに選出したが父親は副会長、トミーは会長である。そしてKPKは結局Agung Podomoroの現役員たちを有罪としAguanの出国禁止は解かれた。Agung PodomoroもAguanの.会社であった “Agung Podomoro adalah perusahaan properti yang didirikan oleh Aguan”と結んであった。

益々ジャカルタは華人たちの草刈り場で情報と金が入り乱れる強者が跋扈する土地で今頃一挙に入って来たような日本不動産業はどう考えたらいいのか考えさせられる。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ