« オアシスはもうない | トップページ | 10月インドネシア投資環境 悪夢再来、 »

2018年11月12日 (月)

Ciputraの最大のTownship


Citra_raya_tan_goo_1

ジャカルタ郊外都市タウンシップは今更花盛りなどと言うよりもう古い歴史もあり、ジャカルタの片隅をちょっと間借りしていた日本人には気が付かなかっただけかもしれない。
単なるマンション建設だけでなく、病院建設、幼稚園から大学までの教育機関、モールを中心として商業施設やリクレーションと緑の広場などなどで益々大型、豪華、ゆとりの環境があちこちに出来ている。これらは住民サービスではあるが大きな事業の芽でありいわば病院も教育も専門外の仕事を不動産開発業者が果敢にやっていることに敬服することになる。
Dijualrumahdicitrarayatigaraksa
5回目となるが今回は不動産の雄チプトラグループのCitra Rayaである。ここに或いはチプトラに近づいたのは3回目で一つはチブブール方面を特集した時、シナールマスの1,050ha 以上の物件を開発している気配と二つ目は10,000haもの土地供給に励んできたHanson International Tbkとの共同開発や今回はセルポンから初めて知るBalaraja前の高速を調べているときこの辺りに見た広大なCitra Rayaである。

チプトラ・グループは国内だけでも島外多数の44都市、100物件、国外も数ケ国に進出済んでおり、その物件名はCiputra/Citraの後ろにRaya、Indah, Land、Grand、Garden、Dream、World、Cityを組み合わせた名前が多いので後ろに場所名を記さねばどれがどれか分からない。


上記のBalarajaのCitra Rayaは正式にはCitraRaya Tangerangである。開発総面積は2,760haでこの中に既にWaterparkとかビジネス集積地BIZLINK Citraraya、テーマパークもあり病院も大学もモールもいくつもある。1994年から開発を始め51 Clusterに分け商業1,800店舗、住民65,000の人口に育っている。ここに住めばKeratonもTAKARAゴルフもマイコースとなる。そして4㎞Bitung寄りには日系のNikko Cahayaがあった。

|

« オアシスはもうない | トップページ | 10月インドネシア投資環境 悪夢再来、 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オアシスはもうない | トップページ | 10月インドネシア投資環境 悪夢再来、 »