« 案外寂しいジョクジャ道 | トップページ | GICとIntilandのサウス・スクウエアー »

2018年11月19日 (月)

Four SeasonsがGatotを変える

St. Regisの計画をこのブログで伝えたのは2014年1月28日でGatot Subroto通りでここに47階建てのビルを建てる大きな看板がでていたはなしである。完成は2016年中とあったのでもう出来上がっているはずだが、まずはgoogle Mapで確かめてみると確かに計画の写真と同じような建物が建っている。48階建て215mの高層ビルは全く同じである。 低層が少し斜めすぎとか或いはあと一つ低層があるようにも見える。高いビルはCapital Place Office  Towerと言うようでこの一角をCapital Placeと言っている。ホテルはNautilas Barなどファシリティ含め高層階或いはこのコンプレックス全体を使用しているのであろう。(隣は20階だて、高級ルーム125がある。隣はサトリアマンダラ博物館である。通りのガトットの正面もつい最近オープンしたCentennial Towerや右側はMenara Global である。そういえばいつだったかどこだったかGatot Subroto通りにはモーテルやゴーカート場或いはレスト・コンプレックスが在ったり、或いは目まぐるしく変わったりして、今思えば持て余ししていた気がする。
Fourseasons_gatot


Four Seasonsと言えばRasna Saidにあったホテルで立った時はRegent Hotelと言っていたが、こちらもいつの間にかRajawari保有で、彼らはリノべと称して2014年に閉鎖し、Capital Placeに建設していたSt. RegisをFour Seasonsの名前で先にオープンし、

20181119_2

その後Rasuna Saidの方には殆ど同じコンセプトの高層オフイスタワー超豪華レジデンスと共にSt. Regisを2019年中にオープンすると言う。(写真は同一だろう)
インドネシアのスピード感には小生も追いつけない。


|

« 案外寂しいジョクジャ道 | トップページ | GICとIntilandのサウス・スクウエアー »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 案外寂しいジョクジャ道 | トップページ | GICとIntilandのサウス・スクウエアー »