« センチネルからバドウイとナガ | トップページ | ジャカルタには金のモスクも »

2018年11月27日 (火)

Muliaと共に夜のガトット

ホテルのムリアでムリアグループの建物にふれたが それは “このグループはホテル以外にも多くの不動産を保有しており、ジャカルタの例を挙げるとWisma Mulia、 Menara Mulia、Wisma GKBI、Gedung BRI II、 Menara Mulia Plaza 89、Plaza Kuningan。”と言うものであった。本命はWisma Muliaであるが周辺から攻めると
P89

まずPlaza 89であるが、日本人もそこで働いていた人がいたが、豪州大使館爆破事件でも向かいの離れたここも大被害があった記憶がある。


Map_plaza89
ところがここを紹介するサイトには何と、Mulia グループのジャカルタの全ての物件がマップ化されている。上記に列挙した以外のものを書くと、Plaza Kuningan 北タワー、同南タワー、Atrium Mulia・Kuningan、Sentra Mulia・Kuningan、Wisma Antara、Mulia Business Park・Haryonoである。
Dsc04975
ムリアと言えばホテル・ムリアが建つまではGatot SubrotoのMenara Muliaしか知らなかったし、ここにも高級クラブがあって金持ちの息子たちなどがイザコザ沙汰を起こしたニュースがあったが、あれは Blowfishと言う名前だったろうか。 何か勘違いしているようで。。
Mulia_dsc_0497
調べるとBlowfishの住所にはWisma Mulia City Plaza, Gatot Subrotoとある。そして壁に書かれた入居企業のICBCの住所を調べてもCity Plaza at Wisma Mulia, GF.08, Jl. Jend. Gatot Subroto No. 42とあるので、こちらであったのであろう。つまりここがWisma Mulia(Menaraでなく)でCity Plazaの名前も使っている。

Wmulia_2

ところがここの隣にはあと一つビルがある。入口のビルの名前を確認するとWisam Mulia 2とある。従いGatot Subrotoには Muliaのビルが三つある(HaryonoのMulia Business Parkを別にして)ことになる。この三つをちゃんと書いた資料はこのブログのみである。 


20181116_18

その又となりがJamsostekビルでここにも 大型バーがあった。今Blowfishの名前を確かめるためBest Bar 100を見たが、立派なクラブがずらりとある。昔はJawa Pubあたりをドカドカ入って行った日本人も今やこのリストのドコも立派過ぎてびくびくものであろう。


|

« センチネルからバドウイとナガ | トップページ | ジャカルタには金のモスクも »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センチネルからバドウイとナガ | トップページ | ジャカルタには金のモスクも »