« インドネシア語の質問語・文法語 | トップページ | オアシスはもうない »

2018年11月 9日 (金)

カリブサールのジュンバタンメラー

00dsc_0300
デルタマスの開発会社プラデルタ社(PT Puradelta Lestari Tbk)の登記上の本社アドレスはカリブサールと表示されていたので驚いたが、カリブサールと言えば昔、シナールマス銀行とBIIがバラットにあることをブログで報告したことがある。二つのシナールマスグループの銀行に挟まれた建物は香港上海銀行で、シナールマス銀行の隣が有名なトコ・メラーである。と言うことでシナールマスに大いに関係はするがこのジャカルタの保存史蹟にでも指定されている建物と不動産建設の雄のシナールマスとは隔たりがあり何か謂れがありそうだ。 ここにはプラデルタ社の兄弟会社のPT Paraga Artamidaもここを住所としている。シナルマスランドの財務報告では二人の兄弟がRp1,000の株式2.78億株の権利がある表示があったが、この会社は投資ホールディング会社で1989年設立、子会社数社を通じ都市デザインからインテリアデザイン迄の仕事をしているようで、というしっくりこない情報の他は情報はない。

Googlemap_jembatan_merah_kalibesar
久しぶりにカリブサールに行ってみるとあのカリブサールが半分蓋をされた水辺公園化されたいることは以前にもブログしたが今回このシナールマス銀行の前辺りに橋がかけられジャカルタ歴史博物館の方に行けるようになっていた。橋の名前はジュンバタンメラーと名ずけられていた。
ジャカルタには既にその名前の橋はあったが、又使用するのに本家のスラバヤには許可を取ったのであろうか。


|

« インドネシア語の質問語・文法語 | トップページ | オアシスはもうない »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア語の質問語・文法語 | トップページ | オアシスはもうない »