« コタ・サトゥのあまやプロジェクト | トップページ | Four SeasonsがGatotを変える »

2018年11月16日 (金)

案外寂しいジョクジャ道

ジョグジャの空港はAdisutjipto空港で市内にあるので手狭、そこで新空港の建設が計画され滞りなく進んでいるというニュースがあった。新空港の場所はジョクジャ州の西端の寒村? Kulong Progoで市内まで56kmもあり1時間半近くかかる。この間隔の感覚は市内からソロまでの距離と殆ど同じであると思えばそのさまが解かる。 
地理的にはジョクジャとソロの間に適当な場所があれば両市から真ん中に20㎞台で共用の空港が出来るのであるが。。 
今の計画では同時にジョクジャ~ソロ間の高速も同時(?)着工らしいが、この観光道路がまだできてなかったことに今更驚く。昔はこの小さな国道を何も思わず往復した記憶があるが、そういえば途中にPrambananがあったからであろうか。 プランバナン遺跡群はジョクジャから18kmでジョクジャ~ソロの中間ともいえる。
Boro0030
その上、目玉のボロブドールは逆方向のジョクジャから西北(マゲラン)方向にあり二つを見ようとするとたいへんである。ちなみに市内からボロブドールまでは約40kmである。 ジョクジャに行くには西からはチラチャップ、西北からはマゲラン、東はソロであるがどことも高速はつながっていない。むしろスマランからは南にソロの方に向かっているのである。ジョクジャは長く陸の孤島である。


古い絵葉書はあったのに、自分が撮った古い写真は多く散逸。残念。

|

« コタ・サトゥのあまやプロジェクト | トップページ | Four SeasonsがGatotを変える »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コタ・サトゥのあまやプロジェクト | トップページ | Four SeasonsがGatotを変える »