« 急成長の建設業のAcset | トップページ | 11月投資環境トピックス 経済は粛然・昂然、社会は傲然 »

2018年12月 5日 (水)

ボゴールとジャカルタをつなぐ街道、国道、一般道。。

サワンガンゴルフ場は足が遠くなったのは日本人が今は皆メンバーゴルフ場に行くようになってからである。ボゴール方面のJaogorawi高速やCibomi高速添いには立派なゴルフ場が多い。夕刻の帰りは都心に近づくほど渋滞がひどくなる。
一度試しに一般道を通ってジャカルタに帰ったことがあるが見物がてらとしてはいい。その時はチマンギスからチラチャスを通った気がする。ボゴールには宮殿があったのでJKTとのつながりはいい方だろう。今地図で調べるとJKTとBGR間は東はブカシ山地であり、西はタンゲラン・チサダネ大河平地との間でJKT-Bogorを結ぶ一般道路は主として3本となる。

00cilandak
その代表がボゴール街道であり、次に地図上Bogor-Jakartaと書かれておりボゴール街道と取り違えそうな道路があった。ボゴール街道は国道かと思ったが此方のJl. Jkt-Bogorの方が国道で国道12号線となっている。

その南端はボゴールの外環高速のJl.Baruでそこからボゴールの北部を東にCibadakに向かうが、逆に北端はジャカルタのスマンギ辺りで全体の距離は48㎞と短い国道である。この道でSawanganゴルフ場の近くから北へ辿ると->Ciputatから->ポンドクインダーゴルフ場を越え->スナヤンゴルフを越えマンガラ・ワナバクティのパルメラー・チムール迄北上する。

00sartika

ボゴール街道Bogor Rayaはジャゴラウイの近くで並走の形である。こちらの南端は確かにボゴール宮殿に突き当たるが北のジャカルタはJl. D.Sartika若しくはSutoyoである。その間特にゴルフ場はないが南からめぼしい地名を挙げるとCibinong-Cisalak-Cimanggis-Pasar Rebo-Condetくらいであろうか。
2014_bogor_116

そしてその二つの南北線の間にいくつかのルートはあるが辿って行けるのはTol Desariを利用する路線で、南端は例えばボゴールのペタ博物館のある一般道路のPemuda通りから向かえる。そして北端はBlok-MのAntasariである。その間の主要なゴルフ場はパンカラン・ジャティとマトアがある。

あと主要な道路はジャカルタはパンチョラン・ディルガンタラの塔から逆に下るとPasar Minngu―Lenteng Agung-Situ Babakan-UI-Margonda-Citayamそして最後はDesariのBojongGedeに合流しボゴールのPumuda通りに出てくる道がある。
又ラグナン動物園にはMampangから下る方がよい。その先はMatoaに出ていずれDepokを越えBojonggedeで合流することになろう。


|

« 急成長の建設業のAcset | トップページ | 11月投資環境トピックス 経済は粛然・昂然、社会は傲然 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急成長の建設業のAcset | トップページ | 11月投資環境トピックス 経済は粛然・昂然、社会は傲然 »