« ポンドク・インダー・ストーリー | トップページ | 季節のご挨拶 »

2018年12月22日 (土)

東急不動産の案件 その1

つい先日 NNAの報道で、「東急不動産の分譲マンション、来年1月販売」のタイトルで販売用マーケティングギャラリーのお披露目をした話を知った。日系の不動産開発案件は目白押しでもう7ケ月も前の5月に「最近の日系不動産の動き」でまとめたことがあるが、中心はJOINが参画する案件でそれも郊外型TODとしたので、インドネシア進出の日系不動産としては最大の東急不動産は漏れてしまった。再度手始めに行単位の関連ニュースを拾うと以下の通り多数あり若干混乱する。
2018
12/18:東急不動産の分譲マンション、来年1月販売
10/31:東急不動産、西ジャカルタでも「ブランズ」建設へ、35階建て2棟計608戸。
08/01:東急不動産、ブランズBSD第1期完成。
03/19:東急不動産、住商らと西ジャカルタでマンション2棟建設へ。
2017
12/22:東急不動産、JOINとジャカルタクニンガンでマンション+商業施設開発
11/30:東急不動産、ブランズ・シマトゥパン上棟式、来年末の引き渡し目指す。
07/12:東急不動産・三菱商事、戸数1,256戸、BSD BRANZタワーマンション 上棟
2016
03/04:東急不動産、日系初の単独開発分譲マンション、南ジャカルタで着工。
2015
08/05: 東急不動産とトヨタホーム、ブカシで大規模分譲地の街開き=19年度まで販売目標
Skygarden1
この他にも小生が昔住んでいたタウンハウスがいつの間にか高層マンションになった話はブログで紹介したことがある。上記のニュースでは計画から販売まで長期間となり、且つ名称とロケーションが不明確なため混乱するのであるが、その上現地のメディアがTokyuをTokyo Landとするのがあるからその訂正を兼ねて場所名称、形状などを古い順にリスト化してみよう。


1. ジャカルタ中心スティアブディ Setiabudi Skygarden 高層3棟、内1はサービス
    アパート(Fraser担当)、JDCなどとパートナー、2012着工、運営中
2. ベカシ市(チムール) Sakura Regency 3, 敷地11.2haで戸建て分譲、全483戸、
    孫会社HAKA社とトヨタホームと共同開発、トヨタは114戸担当、分譲中


Sakura

HAKA社は1975年設立でその後投資法規の緩和もあり東急不動産の現地会社T.Tokyu Land Indonesiaの子
会社となっているが相当な実績を有し小生も現役時代お付き合い願ったものである。長くなるので以下は続きとしよう。


Sky_garden2


|

« ポンドク・インダー・ストーリー | トップページ | 季節のご挨拶 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポンドク・インダー・ストーリー | トップページ | 季節のご挨拶 »