« 東急不動産の案件 その1 | トップページ | 東急不動産の案件 その2 ブランズ »

2018年12月24日 (月)

季節のご挨拶

my season's greetings to you. I hope the new year will be full of success and happiness for you and your famil


季節のご挨拶を申し上げます。皆様にとって成功と幸福に満ちた新年になりますように祈っております。

” こぞの凶 返してけふの吉のふだ ”


2019gbk

2018年のアジア大会はスカルノ時代の1962年のスタジアムを少し手を入れて開催、インドネシアは中韓日に
次ぐ金を得て自信を確たるものとした。 このあと、2032年の国際オリンピックには手を挙げている。

2019_regatta
民間は華人を中心に土地を求めて海上に迄、ニュータウン建設に邁進、年間25cmもの海水上昇には防潮堤
を信じつつ、 写真はインチランドのRegatta隊の雄姿。 


2019bay
ジャカルタベイに建設される13もの人口島をつなぐ防潮堤の最先端はかくのごとく高速と列車が走る。地球温暖化防止に水を差す輩はとこにもいるものだが、河川水と海水は常時ポンプで浄化。


2019sudirman_bridge_half
都心では最大の交通の要綱のインターチェンジでは巨大な円形空中コリドーが森ビルにより寄贈され今やジャカルタは高速が4重~5重の環状で包み、鉄道KRL。MRT、LRT、BRTが網掛けるようになる。
Sentul_26396514250_6f53973ed5_b
スハルト時代からのコタマンディリ(独立都市)建設は6,000Ha(パリ市の半分の規模)を筆頭にもう30ケ所、
郊外型イオンモールも5ケ所へ。(写真はセンツール)


Jkt_night_8

都心の夜は曾っての産油国の誇りで12色に輝きわびさびはない。いつの間にか様変わりの幻影の中、ここはどかと見間違う。                                                            


お陰様で目出度く傘寿を迎えることができそうです。平成を最後に賀状はネットに致したいと思います。西見恭平

|

« 東急不動産の案件 その1 | トップページ | 東急不動産の案件 その2 ブランズ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東急不動産の案件 その1 | トップページ | 東急不動産の案件 その2 ブランズ »