« スカブミの観光資源 その2 ジオパーク | トップページ | ジョクジャ新空港はNYIA »

2019年1月10日 (木)

Metlandの本当の力

何度か登場させたMetlandはPT Metropolitan Development (MD)を源とする。この会社の設立者はCiputra以下7人の事業家でこのブログでも出て来た: Ir. Ismail Sofyan, Ir. Budi Brasaliが居た。(彼らの次世代がMurdayaの所有することとなったポンドクインダーの役員か)がPT.MetropolitanDevelopmentは1983年?上場し子会社PT Metropolitan Landを設立したのが1994年である。

Grand_metro_bekasi_3_2

我々に一番目に付くプロジェクトはCikampek高速傍に立ち上がったGrand Metropolitanであるが、実際はBekasi Barat料金所を出てすぐのKali Malang添いのNoer Ali 通りと繋がっており、

Grand_galaxt_park_bekasi_11

そこは彼らの本拠地みたいにMal MetropolitanやHotel Horison Bekasi等が並んで開発されていたのである。写真には写ってないがここの高層オフイスビル M Gold Towerに本社構えている。
住宅地としてはKeppelの関連で既にこの12月30日と1月5日に紹介したThe Riviera at Puri(Tangerang)やMeltand Menteng(Cakung)があるが、その他にも

Cyber_city

Metland Cyber City、Metland Tambung、


Meltand_cibitung

Metland Cibitung、Metland Puri、

Metland Transyogi(Cibubur)、Metland Cileungsiなど
Metland_transyogi44b

9ケ所がプロットされている。 こうした住宅地にはMalや Hotelも併設され、HotelはHorizonの他いくつかのブランドで各地に展開している。以上羅列すると簡単であるが、一つ一つの規模は、ご覧の通り、完成予想図なのか凄いものがある。


|

« スカブミの観光資源 その2 ジオパーク | トップページ | ジョクジャ新空港はNYIA »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカブミの観光資源 その2 ジオパーク | トップページ | ジョクジャ新空港はNYIA »