« コタ・トゥア 世界遺産 | トップページ | 記憶力・維持力・感激力 »

2019年1月15日 (火)

ふるさと伝承館


Gyoutoku_okt13_161
近くにふるさと博物館的なものが出来たと言うのでブラブラ探しに行った。あの行徳街道の行徳駅の近くの押切で聞いたが住民らしき人は知らないという、そのままその街道をかなり下って常夜灯のある本行得迄来ると左手にらしい建物を見つけた。正面からの写真を撮り忘れたので記念館になる前の昔の写真を掲げておこう。


00_12

正式には行徳ふれあい伝承館というもので彫刻師、浅子周慶が室町時代1333年だったか神輿造りを始めたというもので代々受け継いで来たものである。
00_1
母屋の前の道を渡る正面にあるのが工場で、今は甘いもの等供するお休みどころとなっている。
行徳街道は狭いので危ないが自動車は少ないのですぐ渡れる。行徳は塩の街と共に神輿の街でこの浅子家とあと現在も続けている中台製作所が有名である。
00_nov14_4


町では3年一度の大祭で5ケ町衆が神輿の競演をやっている。昨年もやったそうだから小生が見たのは6年前の方であったのであろう。念の為アルバムを見ると2014年であって記憶違いなのか 


00_071

そして2004年には隣町の浦安の祭りの神輿を見ると豊受神社の名前とデザインの共通性があったが、追いかけ廻しはここまでとする。

日本の海外からの観光を支えているのはこうした国民の一人一人の力なのである。


|

« コタ・トゥア 世界遺産 | トップページ | 記憶力・維持力・感激力 »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コタ・トゥア 世界遺産 | トップページ | 記憶力・維持力・感激力 »