« スマランのコタ・トゥア | トップページ | ヒンドゥー教と仏教の親密さ »

2019年1月23日 (水)

ジャワ横断高速の料金

21日よりジャワ島横断高速が全線開通し公団ジャサマルガが料金を設定したと言う報道でデティックコムの内容は以下の通りであった。
1. Pemalang (Sewaka)-Batang (Pasekaran) Rp 39.000
-Segmen Pemalang IC-Pasekaran Rp 34.000
2. Batang-Semarang (Kalikangkung) Rp 75.000
3. Semarang (Banyumanik)-Solo (Kartasura) Rp 65.500*
-Segmen Salatiga-Kartasura Rp 32.500*
4. Ngawi (Klitik)-Kertosono Rp 88.000
5. Kertosono-Mojokerto Rp 46.000
6. Gempol-Pasuruan (Grati) Rp 36.000
-Segmen Pasuruan-Grati Rp 13.500
7. Porong-Gempol Rp 9.000
NNAも一番高い区間はチコポ~パリマナンでRp102,000、或いはグンポル―スラバヤでRp4,500 とまちまちで20区間がリストされている。今回開通で新料金が設定されたのは上記の1とか2で多くは順次、開通していたが無料だとか旧システムであったものである。一番わかりがいいのがCNBCの次の写真である。


C61f4a0eb11e43a586001a8c5e4b730c
小生も以前ジャカルタの高速網論文風を書いたが、ジャカルタ近辺の料金は殆どが格安で且つ一律が多く自信が持てなかったのでここでトランスジャワを使って料金の解説(知る処)をしてみよう。とりあえずメラックから始めそれぞれの区間でフルにつないでいったケースで到着地でその間のフル料金を記載する。(記載は省略)
但し料金システムにはterbukaとtertutupがありbukaは一律で乗り入れ時支払うものでtutupは乗ったGTから通り過ぎた区間を計算し降りたGTの区間で、定められた料金マトリック表により清算し支払うもので、これらのシステムの全体印象は都心は一律で格安だが遠距離は距離により高い感じである。1km当たりの料金は利用者の採算感覚から基本はアバウトRp800程度で設定されているようだ。
報道ではジャカルタからスラバヤまでの料金はRp660,500だそうだ。又メラックからバニュワンギまでは1138kmだそうだが、Pasuruanからは未開通である。
小生が計算するとJKT-SBYは675,500であり、距離は1,130㎞(JKT-SBYは763km)となる。
JKTとスマランの市内の内環道路の扱い方次第である。


|

« スマランのコタ・トゥア | トップページ | ヒンドゥー教と仏教の親密さ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマランのコタ・トゥア | トップページ | ヒンドゥー教と仏教の親密さ »