« Singodimedjoと言う英雄 | トップページ | KristoffersonのHelp me, Lord »

2019年2月25日 (月)

Ahok氏へのHoax

ここ1ケ月の間に元ジャカルタ市長のAhok氏関連ニュースが相次いだ。思わず口が滑っていわれのないイスラム宗教侮辱の罪を問われ、この1月24日に約2年の刑期を終えて出所したばかりだ。小生のブログで検索するとAhokという名前は41回も出てくる。刑を受ける前だったか、後援する市民からの激励の花輪で市庁舎周りの全面がうずまったが、最高裁で有罪判決をうけると国際宗教裁判に控訴もせず粛々と刑に付いたのであった。その刑期の間には中国の美人の妻とは何故か離婚することとなり、又出所した彼を迎えたのはその元妻の女性警護警察官であった。そして昔所属した政党のPDIPに参加しているが、本心はふるさとブリトゥンの島に帰ってゆっくりしたいのではないかと思いやられる。 

https://www.youtube.com/watch?v=KuF39JcriEk&list=RDKuF39JcriEk&start_radio=1&t=0&t=0
元妻は昨年1月頃ギターで弾き語りの“I've been away too long ”という歌がYoutubeで流れたがその切々たる歌に心打たれたことがある。しかしその歌詞は以下の様で;
How can I say to you. I love somebody new
You were so good to me always
And when I see your eyes. I can't go on with lie
It breaks your heart, but I just can't hide it
Oh, no...でなんということだと驚いたが、その時はそれも裁判で戦わない夫に対する気持ちを訴えたかったのだろうと思ったものだったが、それが現実になるとは思わなかった。そしてそのYoutubeで歌った歌手は本当は元妻Veronicaでなく韓国の歌手のKang Jiminと言う人でよく似ておりそのうわさもあった。


 本当のところを知りたい気持ちはあるが、彼女の音楽の才はプロであり、ためにする噂と信じて、皆さまの幸せを祈るばかりである。
20190225_5


追;国際宗教裁判は個人的な希望的記述に過ぎない。

|

« Singodimedjoと言う英雄 | トップページ | KristoffersonのHelp me, Lord »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Singodimedjoと言う英雄 | トップページ | KristoffersonのHelp me, Lord »