« 1月度投資環境 新時代ターニング・ポイント | トップページ | 日イの不動産デベロッパーとの対比 »

2019年2月13日 (水)

Muara Baru とMuara Angke漁港

Baywalk_pluit_3
ジャカルタベイの新漁港のMuara Baruのある岬の隣はレガッタマンションのある岬で、その根元の西側は16棟のベイ・ウオークアパートがありマンションの海側のプールからまっすぐ大洋に泳ぎ出せる風景に思わず喝采を送った新年であったが、少し間違いがあったかもしれない。というのはマンションから直接泳ぎ出せるはずもなく、根元というが、それは全くの根元ではなく少し離れた西に位置し、
Pantai_mutiara5

尚且つ写真の左上のレガッタのすぐ南に後一つマンション群(4棟)がありそれと勘違いしそうなものにも触れねばならないからである。そちらの方はこの地区のパンタイ・ムチアラ(パールビーチ)にはないと思っていたのにあった高層マンションで名前もApartmen Pantai Mutiaraであった。


Map_pelabuhan_muara_angke
それよりもあの時添付した地図にBay Walkの更に西の方の、地図の外にPerabuhan Perikanan Muara Angkeという同じような名前の漁港があることを書き加えていたがそれは間違いで、それはそんなに地図の外ではなく、このBay Walkがあるすぐ隣の所であったのである。それで書き直した地図をアップするが、ここは綺麗好きな日本人にはこちらの方が好きかも知れないと思ったからである。しかしMuara Baruにはスシマサがあるが此方はIkan Bakarの方がいいかも知れなく、単にこちらにもチャンと築地みたいな立派な魚市場があると言うことだけを報告することにする。おいしそうな蟹がある!
https://www.youtube.com/watch?v=mguebZ1nIbI 尚 Bay Walk地区はいろんな施設(Apart,Condomi、Towerなど)がGreen BayとかSeaviewとか言う名前を冠しているので追記しておく。

|

« 1月度投資環境 新時代ターニング・ポイント | トップページ | 日イの不動産デベロッパーとの対比 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月度投資環境 新時代ターニング・ポイント | トップページ | 日イの不動産デベロッパーとの対比 »