« ジャカルタの築地ムアラバルと日本の援助 | トップページ | ニスカラの世界 »

2019年2月 5日 (火)

マヌンガルグループファミリー

丸紅さんがやっているMM2100のパートナーはインドネシアのマヌンガルグループである。
ちなみに富豪リストなどを見ると The Nin King、87歳、15億ドルの28位となってグループ名はArgo Manunggal Groupとある。先般より、インドネシアの不動産開発業者のリストのアップデートを始めたが、かなりの企業が上場を果たし、またグループ全体か部門別に1社の持ち株会社に集約しているので明瞭でいいが、マヌンガルグループはちょっとむつかしい。

00manunggal
このていねんきんさん自体がむつかしい人なのか色々難しい点あるのでここで少し迫ってみよう。この人の名前はネットでは低年金とでるが入り色調べて鄭年錦と解かった。グループの名前は単にManunggalとだけではヒットしないのでやはりArgo Manungal Groupである。しかしこの名前argomanunggalgroup.comでは三つ程Under Constructionで拒否された。
LinkedInのグループ紹介を紹介するとこのグループの種たる業種として繊維、ガーメント、鐵工、畜産、不動産、鉱山、エネルギー、PVCパイプ、生保、プランテーションとあり大複業企業である。海外にも打って出て事業数では40社、従業員35,000人、創業は1949年、本社はガトットスブロトのWisma Argo Manunggalである。Forbesの富豪紹介でも新しいことと言えば子供が7人いるというだけであった。
そして上場3社で5人のSutedjaさんをみつけたが、後の二人は女性かも知れない。女性は嫁げば名前も変わるし
旦那が出てくる場合もある。 しかし結局鄭さん自体は株主以外では何処にも出てこない。経営が出来る年齢ではないから当然と言えば当然だ。

00argo_pantes
繊維部門はかろうじてPT. Argo Pantes がある。決算は赤字欠損であるので控えるとして株主として Dharma Manunggal (29%)、Manunggal Prima Development(7%) 及びMr.The(10%)である。そして不動産事業では当初のMM2100と大和ハウス出資の会社の日本側のプレスニュースとアラム・ステラの上場資料などから以下の事業会社概況が解った。
*PT. Alam Sutera (上場) 2017年総資産20.7兆、自己資本8.5兆ルピア
 この会社は800haの面積をもつアラムステラ地区のタウンシップ事業でここにSilkwood Res.ビルや複数のハイライズオフイスビル、2つのモールを持ち、他にバリのGWK、YogjaのAydoya、Suvaranタウンシップなども運営している。ここはMr. Theファミリーが保有するPT Tangerang Fajar Industrial EstateとPT Manunggal Prime Developmentが47%を持ち残り53%は一般株主でシェアーしている。監査役会長は1993年創業したHarjanto Tirtohadiguno、社長はJoseph Sanusi Tjongである。

*Bekasi Fajar Indus. Est.Tbk 2016年総資産5兆、自己資本3兆
この地区は全体で2,000haと広大だがどこまでこの会社の所有権で上がっているか未調査であるもののこの会社の10%持ち分を大和ハウスが購入して参加している。但し子会社としてPT Daiwa Manunggal Logistik Propertiがあるが、大和は役員1人を派遣している。会長はMaruzki Usman、社長には元MM2100 社長を務めた元丸紅のKobiさんとなっている。ここの監査役と取り締まりにSutedjaという姓の方が二人いる。そして嫁いで名前の変わる女性が二人、なお先のAlam Suteraにも見るとAngeline Sutedjaと言う方がいるので全員親戚・兄弟なのであろうか


|

« ジャカルタの築地ムアラバルと日本の援助 | トップページ | ニスカラの世界 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタの築地ムアラバルと日本の援助 | トップページ | ニスカラの世界 »