« 2月投資環境トピックス:日本中堅の現法設立活発 | トップページ | 伝説のモー・ディア »

2019年3月15日 (金)

私の北の観光バス路線

バスウエーの路線数にはFeederなどが入っており、Feederなど接した記憶もないし旧来のものだろうと見下したが、記憶にないとどころか3年ほど前には立派な新路線を北のカリブサールやファラテハンで見て、写真迄取っていたことを思い出し、我ながらうっかりしていた。 この路線は1A号線になるがルートをよく見ると小生の観光用路線となろう。
00st_kalibesar_aug14_81

多くの日本人は市の南に住んでいるだろうが其処から1号線に乗ってKota駅に向かい、ここを出発点として、次のカリブサール・バラットに行けるがここから西に回ってBandenganを通ってPluit、そこからMuala Karang、PIKのWaterbom、 Tsu Chi聖堂であのD島に渡る地点(Fresh Market PIK)でユーターンし、来た時と少し道を変えてMuala AngkeのBay WalkやWadukへ、そしてLuar BatangからPakinへ

00kunir_pasar_kota_tua_apr16
そして元のカリブサールの釣り橋からファラテハンの広場を通りコタ駅に戻る周遊線である。途中降りるポイントはいくつもあるので数日かかるだろう。
Kunir_kali_timur_iii_aug_16_11

ファラテハンの広場のバスストップ(イ語ではHalte)はこの道(カリブサールチムールIII)添いにある古い建物を改装したコーヒーショップをブログした時、このハルテを見つけ、後で調べるつもりだったのであろう。 

00kota_bus_station_2

またコタ駅は賑やかな地下道や遊園地気味のスポットもあり、ちゃんとインドネシア式のトイレもあるから安心だ。
今日はこれらコタトゥアの写真を紹介するだけにとどめた。


|

« 2月投資環境トピックス:日本中堅の現法設立活発 | トップページ | 伝説のモー・ディア »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月投資環境トピックス:日本中堅の現法設立活発 | トップページ | 伝説のモー・ディア »