2017年1月 5日 (木)

今年は火の鳥

今年の干支は「丁酉」らしい。この読みは「ひのと・とり」であるが、5行陰陽(十干?)と12支の組み合わせであるが、12支はわかるが十干は「木、火、土、金、水」の五行それぞれに兄(え)/ 陽と弟(と)/陰に分け例えば木の陽は木の兄(きのえ)と木の弟(きのと)とすれば10個出来、それに「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」の漢字を当てている。だから丁は4番目で火の弟(ひのと)である。
Photo

つまり今年は「火の鳥」になるが、たまたまテレビで手塚治虫氏の漫画「火の鳥」の論評番組にチャンネルが会った。小生にとっては恥ずかしながらこの「火の鳥」は記憶にもない。多分学生時代は漫画忌諱時代であり、その後は日本の外を向いていたためであろう。テレビの各氏の論評に実感がなく、早速サイトで購入を検討した。「火の鳥」は手塚治虫氏のライフワークで1954年から始まり氏の没年1990年まで漫画、映画、舞台などで続いたストーリーで講談社の全集で言えば386巻、それが例えば黎明編、ギリシャ編、鳳凰編、復活編、乱世、望郷。。と20巻近くに展開され、世界・日本の歴史の題材を用い、過去と未来を絡ませ、宇宙の中の運命の輪廻を描くとでもいうのか、あとは買って読むしかないがアマゾンでは1冊790円で、なぜか発送は1月15日から2月5日迄と確約されていない状態である。ヤフーオクにもあったが古本だったので400円程度で入れてみた。こちらもいつになるやら、これは火の鳥の年の現象なのだろうか。


| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

行徳物語 その7 豊受神社

2017年も何もしなくても蕎麦が出て来、一寝入りの後、御節とお屠蘇も出てきて、迎えることはできた。フェースブログに賀状をアップすると画像が逆さまになる。生まれて初めてのことであった。
00_tokuganji_17_2

諦めて初参りに行く。
近くで一番大きいお寺が徳願寺、ここでふるまいの般若湯を頂き、そこから100メートルの豊受神社に回りお神酒を頂く。豊受姫は食べ物の神だそうだが、食べ物だけは今のところ不足はない。引いたおみくじは小吉で、“ひとかたに なびくと見せて青やぎの ゆくえ定めぬ ひと心かな” とある。いろごとになびくこともあるまいと思う。

0017_7
おみきの上撰で上機嫌と言うところで賀状いくつかをメールで送ることにした。この神明社は徳を行う法印様が一説1527年に建立したといわれ、この地の300あるといわれるお寺で一番由緒のあるお寺である。


| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

つづき

Img037_4


「2017.docx」をダウンロード

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます。

1017r_4


| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

銀座のこんぱる笑座

S042630x380

友人と3軒目の梯子にこんぱる座に向かった。銀座8丁目で江戸時代、能の金春家があった通りだという。笑座 とはShow The Konparuと言うショー・レストランで若い美女美男が踊りのショーを息付く暇もなく繰り広げるのもで、小さいが複雑にセリ動くステージの動きに息をのむ。スタッフ達のきびきびしたサービスの動きにも感心したが、料理も酒も料金もすべてありがたい感激ものである。
00_16dec_9

かぶりつきに座れば失神ものかもしれないが、はとバス観光の客が占めているようだ。ショーの間はカメラはダメだそうだが、最後の挨拶・交流タイムはOKで、アップして下さいとの挨拶もあったのでブログにアップした次第。ビールは飲み放題だったそうでよくサイトを読んでいけばよかったが、今度は一軒目に行くとしよう。写真は1枚サイトから借用


| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

機械文明批判は100年前から

先般のモダンタイムスと言えばチャップリンの映画で、それは機械文明批判でもあった。工場での機械優先、人間無視の操業やその果てはそれがその後の独裁者の戦争につながった。ちょうど今日もまた機械の反乱に会い仕事はやめて気休めのブログに走るきっかけとなる。一つはエプソンのプリンター、先代のプリンターの反乱に会い買い換えた代物だがスキャン指示に運ともスンとも言わない。NECの軽量パソコンもそうだ。基本はDファイルがないため外付けSeagate 1TBを持ち歩かないといけない、その上Window10 で過去のアプリが使えなく用意されたものを探すのは時間を浪費している。本当に昔はよかったと思う。 世の中はどんどん変わっていくが、新しいものは必ずしも進歩ではない。人間の生命は高々100年、自然や物に死滅はない。だからこそ人間一人一人は歴史をしり、歴史の中で亡くなっていった人の心を大事にすることが必要だろう。 昔の心を知ってこそ残された物を利用することが出来初めて進歩と言える。

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

IKKOさんから赤坂食べゴロ

小春日和に誘われて久しぶり東京散策に出かけた。主目的はルピアの両替であるが、昨日は0.000838で現地で両替するより有利なレートがここ表参道6丁目にある。

00ikko_akasaka_d16_2
そこに向かう骨董通りでIkkoさんに出会った。彼女?は家内と旧友とでもであったかの如き握手シーンがあったが亭主のシャッターは遅くむしろ失敗作となった。六本木から表参道に戻るのは飽きた道なのでタクシーで赤坂サカスに向かった。時にはタクシーもいいもので、運転手さんのお上りさんと勘違いしての景色の解説など優しい人だった。油麺でも食べるつもりであったがそこから一ツ木通りを下り見附でまた例の 「開いててよかった磯丸水産」の凛々しいOOさんにサザエなど焼いてもらって一杯、

00_modern_time
其のあと近くでハイボールバー「モダンタイムス 1923」を見かけたがここは夜から朝まで開いている店だ。チャップリンのモダンタイムスは1936年封切りだから何が1923年なんだろうか。それは夜でも行かないと調べられない。


| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

行徳物語その⑥ 防災の歴史

00_teibou_edogawa_hinan

我が家の近くの県道に妙な標識があった。避難場所として江戸川の堤防が示しているのである。どうして河川決壊で危険な河の方に避難させるのかと不思議であった。その後日本に襲い来る大災害に感覚もするどくなった小生には、いろいろな事実が入ってくることになる。

00_super_teibou


まず、この堤防と言うのは噂には聞いてことがあったスーパー堤防がわが街にあるということを知ったのである。ここは江戸川放水路の他所より少し広い堤防だとか堤防公園とばかり思っていたがこれがスーパー堤防だったのである。なるほどそこは我が家の地区より高いので、避難場所とはいえる。この地区は大昔から洪水、津波、高潮時の暴風雨が襲い、その為もあり、この放水路が建設されたのである。


00

昔の人はこの荒れ狂う海の竜王を鎮めるため彼方此方に八幡龍王を奉納する神祠を作っている。6丁目と5丁目の隣り合った地区で300メートルも離れてないところに二つもある。堤防公園の近くにあるのが上妙典龍宮様、

00_2

5丁目が下妙典龍王宮で、それぞれ1774年と1752年に造立されたもので、昭和の中頃まで御奉謝がささげられたが

00_3


以降御本尊は一丁目にある日蓮法華経の妙好寺に永久預かりとなっているそうだ。なんとこのお寺は1565年に開基されている。
この地区は江戸時代、塩の産地で栄華の時があったが、それらの塩田は相次ぐ災害に戦ってきたが、最後は大正6年の大津波に完全に葬られた歴史がある。
それは放水路やスーパー堤防完成前であると、一時は一安心したのであるが、家内が引き出しから出して来た市発行の防災マップではこれが覆されたのである。
ここのスーパー堤防は事業仕分けで完全でなくなり、いくつか決壊場所が想定され、その場合は我が家辺たりは床上浸水必須となるのである。従い万一そのようなことがあれば堤防に行くより我がマンションの上の階に行く方が賢明であると結論したので、あとはそのようなことが起こらないことを祈るしかない。


| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

行徳物語5 田舎にも古い寺

自転車でウロウロするといつの間に意外な所まで来たりする。そして意外なものを発見したりするが先週は旧行徳橋の袂で古いお寺を発見した。発見したといってもちゃんと市が整備し案内看板迄用意しているもので新発見ではない。

00_9516_18

名前は正源寺、なんと1444年の開基だそうだ。2016年故572年前となるが弁財天女を祝っているそうでいまだ開帳したことがないそうで、その理由はそれを見ると盲目になるからだそうだ。1444年ごろは足利東山文化の8代将軍足利義政の前で政治の空白期とでもいえようか。インドネシアではマジャパヒットの衰退期に入るころである。 

001444_2
この行徳妙典地区は30ケ所くらいの神社仏閣があるが小生はここが一番古いと思うがそれに触れているものはまだ見てない。 小さなお寺でどこか古いところはと見てみたが、らしいものはなかった。

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

ソニーの失敗で旨いエスカルゴ

せっかく行った西麻生のキルビリの映画ロケもあった権八であったが、撮ったカメラがソニーのエクスペリア、このエクスペリアにはこの2年いつも邪魔され今回は写真紛失となった。ダイレクトにパソコン保存ができないのでSBカード経由にしているが最近撮った写真にはフォルダーが自動的にかぶされ、中の写真一枚一枚はすべてDSC000001という番号なので100枚とると100フォルダーから取り出しこの同じ番号の写真1枚1枚の番号あるいは名称を変えないと保存できない大変な手数を課す。そして仕舞には何かが起こり紛失してしまったものだ。00_saizeria


ブログアップはできなくなったので代わりに昨日近所のサイゼリアの写真をアップ、エスカルゴとフォッカチオ、ビールを入れても1,000円、そしてこれだけでおなか一杯になる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧