2019年1月11日 (金)

ジョクジャ新空港はNYIA

20190109091708952

NNAが昨日「ジョクジャ新空港に3兆ルピア追加投資」と報じていたが、同時に予定ではこの4月に一部開港する予定だとのことである。 
”ジョグジャの空港はAdisutjipto空港で市内にあるので手狭、そこで新空港の建設が計画されたが新空港の場所はジョクジャ州の西端の寒村? Kulong Progoで市内まで56kmもあり1時間半近くかかる。この間隔の感覚は市内からソロまでの距離と殆ど同じであると思えばそのさまが解かる。地理的にはジョクジャとソロの間に適当な場所があれば両市から真ん中に20㎞台で共用の空港が出来るのであるが。。 ”とマイブログで書いていたが、既に開港までこぎつけていたのであることが解る。上記のNNAでは追加投資が今年3.5兆とか膨大で4月までに使いきれないだろう。とすると一部開通と言うのが曲者になる。

現地紙ではこの4月一部と言いながら国際航空が先に使用開始するとのことで開港waitingの3航空会社含め9社があるそうである。同時に空港の名前略称はNYIAになると言うのでニューヨークと間違いそうだ。これはNew Yogyakarta International Airportを単純に略したもので場所名Kulonprogoが付く。国際的になった村民もびっくりだろう。空港はどこも長い面倒なニックネームが付いているので面倒だ NRT やHNDと言うだけが便利なのだが。。
しかし今までJokjaなど間違いを含め書いていたが、これからはYogyaと書くことにしよう。
絵はSuara Pembaruan誌からである。

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

2018年インドネシア重大ニュース

報道されたNNA社の重大ニュースは経済と災害に揺れた1年と総括する以下のようなことが起こった。
 【第1位】通貨安進行、経済の安定優先で規制推進
 【第2位】相次ぐ天災、死者は2千人以上
 【第3位】来年の大統領選、前回選挙と同じ構図に
 【第4位】日本路線、ガルーダは名古屋就航
 【第5位】産業政策の道筋示す、経済成長を促進
 【第6位】アジア大会開催、インフラも拡充
 【第7位】ライオンエア墜落、犠牲者189 人
 【第8位】鉄道インフラの整備加速、初のLRTも開業
 【第9位】首都圏の交通規制を拡大、渋滞緩和対策
 【第10 位】チカラン日本人学校、建設開始
 【番外編】国交樹立60 周年、日イ記念事業も

小生の藪にらみ印象では以下の様にまとめてみた。
1. 巨大産業経済ニュースが賑わす:オマーン製油所100億ドル、バリクパパン製油所増強40億ドル、ロッテ石    化40億、河北鋼鉄工場建設$25億、住金ニッケル18億、アジア・パシ・レーヨン 11億、ドコモ
2. 高速道路網整備進む:ジャワ横断ジャカルタ―スラバヤ完成、首都外環1完成&
    外環IIも進展、DESAR、BOCOMI、Padan-Pekanbaru等々でも各地開通
3. 日系の不動産投資ラッシュはニュータウン住環境整備に貢献か、物件数は驚異の30件内外(2018年は10
    件)TOD案件JOINも参加、明細などマイ・ブログ参照。
    日本資金で物流大プロジェクト進展:インドネシア地下鉄開通、MRT第2工区の円借決定、パティンバン港     建設受注、パティンバン港アクセス道路受注
4. 韓国勢い $62億経協、現代SUV生産、斗山火力、現代EGディ工場 地震見舞一番乗り韓国投資証券、上    述製油所・石化事業、ジャワ北高速に借款意欲、 日韓戦はここか
5. 中国一帯一路、新幹線は土地収用で遅れだが、リアウ諸島大開発、バタム~ビンタン架橋、経済特区、港    湾・空港近代化、バタムLRT建設計画、アリババ・ラザタ買収40億ドルに、アリババ・クラウド・センター稼      働。現地エムテックとアリペイ電子マネーアプリ「ダナ」発表、グンティン・エネルギー+中国企業ビントゥニ    湾石化工業団地、BI北京進出も
6. 自動車・2輪車国内販売、生きてた2輪車、 輸出も
7. 中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システム(OSS)他で、投資許認可、入管システム、納税管理     他オンライン化完成域
8. 貿易赤字・対外債務拡大、ルピア不安 とその経済対策:関税・PPh22対策、ルピア金利7回引き揚げ
9. 天災と人災:スラウエシ津波2,000強、ロンボク地震555人越え、アグンやアナク・クラカタウ火山噴火、スン     ダ津波500名、ライオン墜落189名全員、トバ湖で船転覆、200人越えか
10. テロ・社会不安の根は消えず:スラバヤ・教会テロ(14人死亡)、拘置所暴徒化・住民自爆・車両仕掛け爆弾・    銃撃戦等々続発で30名内外死亡、宗教的不寛容も進む 212大会、マイノリティLGBT、小児ワクチンハラ     ル、強姦殺人にも。
11. アジア大会。団結成功で自信、2032年夏季オリンピックへ。観光に力、観光特区。 コタトゥア整備でジャカ    ルタも観光都市 伸び率世界3位 
以上漏れなどの添削未済のまま。
Jakarta Now always on the Youtube
Soho_night_2


| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

11月投資環境トピックス 経済は粛然・昂然、社会は傲然

、雑然と纏まらず 
11/7  六甲バター、MM2100でチーズ生産開始へ、三菱商事と合弁
11/8  永大産業、現法が開業、チカラン工場でシステムキッチンの組立・販売。
11/9  スカイエナジー、市原氏など太陽光発電システムで合弁会社設立へ。
11/12 日本工営などのコンソーシアムがパンティンバン港第1フェーズ契約。
11/22 住友金属鉱山、南東スラウェシでニッケル製錬所建設検討、17.7億ドル。
11/22 トコペディア、ソフトバンクら既存株主から10億ドルの追加出資へ。
11/25 日本農業、青森産りんご8品種のイ販売開始、小玉で日本からの経路
11/18 アンカサ・プラ、第2首都空港計画、100兆ルピアで2021年にも着工

00airport

11/20 ガルーダ航空、ジャカルタ~名古屋直行便再開へ、来年3/23から、週4便。
11/28 ジャバベカ、家族向けアパート「カワナ2」販売開始。
11/28 グラブ、宅配サービス開始。
11/29 チャンドラ・アスリとミシュランの合弁、スチレンブタジエンゴム、投資$4億
11/1  2019年州最低賃金発表:首都Rp 3,940,973.-、8%
11/1  入管システムに接続した外国労働者TKAオンラインNotifikasiの制度へ
11/3  2020年に炭素税導入へ:化石燃料の利用量に応じた課税 環境税
11/9  年50社の上場は1992年以降で最多、上場企業数は約600社、時価6千兆Rp
11/11 アセアンと日中韓印豪NZが東アジア地域包括経済連携(RCEP)に向けた話し合い
11/15 BI 7-day Reverse Repo Rate 引き上げ5.75%→6.00%。
11/16 経済政策パッケージ第16弾:外資開放、タックスホリデー、輸出所得税軽減 ?
11/27 人材競争力ランキング、イは45位、トップはスイス、日本は29位。
11/28 スラゲン~ンガウィ高速道(51km)が開通、年内ジャカルタ~スラバヤ 接続?
11/28 不動産取引減税、保税地区許認可の簡素化など検討:財務省。
11/1  監視カメラによる交通違反取り締まり、スディルマン~タムリン通りで導入。
11/5  イスラムFPI代表がサウジで一時拘束、IS旗掲げていた疑い。
11/13 首都メイン通りの電子課金(ERP)来年中に導入計画と首都運輸局。
11/15 チカンペック高速奇数偶数規制、タンブン区間拡大。
11/17 政府系モスクの4割過激思想拡散、国立7大学でも過激思想と国家情報庁。
11/18 過去5年地震頻度増加、2013年は4,234回、今年は13年の倍
11/18 「性的マイノリティは不道徳」パダン市長が根絶宣言。宗教的な保守化が進行か
11/18 パチタンで海水浴中の邦人男性が水死。溺死か 74歳
11/24 首都の人工島3島で州営住宅や魚市場整備へ:州知事が計画変更
11/29 日本人女性宅アパート警備員の男逮捕、強姦未遂・暴力容疑で 


| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

10月インドネシア投資環境 悪夢再来、

10月インドネシア投資環境
悪夢再来、航空機墜落全員死亡、中スラ地震未曾有の結果へ、日イともランキング不振、
住宅建設投資のみ続く

10/4  グーグル・クラウド、ジャカルタに広域データセンター設置へ
10/8  中国系シュータウン、中ジャワ新工場建設へ、従業員最大2万人、投資2億ドル。
10/10 トヨタ・ハウジング、カラワンでの戸建分譲事業、スマレーコンと。
10/24 BCA、電子マネー「フラッツ」1~8月決済2.3兆ルピア、前年同期より3倍も増加。
10/31 東急不、西ジャカルタでも分譲マンション建設へ、35階建て2 棟計608戸。
10/14 工業団地にもハラル:工業省が年内の規則完成目指しているとメディア。
10/15 9月の輸出148.29億ドル、 輸入は146.02億ドル、通年赤字はまだ続く。
10/16 来年最賃上昇率8.03%:労相通知。
10/24 首都MRT第2工区(HI~マンガドゥア)に700.21億円限度の円借款供与へ。
10/31 世銀のビジネス環境ランキング:イは73位(前年72位)。日本は39位。
10/3  チカラン日本人学校の建設安全祈願、来年4月の開校目指す。
10/9  プラポウォ陣営選対幹部のうそ情報拡散:顧問のアミン・ライスも参考人聴取。
10/13 アジアパラゲーム閉幕、金メダル中国(172個)、日本は4位(45個)、イは5位。
10/16 不法就労の疑いがあるとしてパプアで拘束された邦人4人の初公判、無罪主張。
10/18 北スマで仏教寺院や警察署を襲おうとしていたテロ容 疑者2人が射殺される。
10/26 中スラウェシ地震対応終了、死者2,086人、行方不明者1,309人
10/29 ジャカルタ発バンカ行きライオンエアー墜落、189人全員死亡 整備ミスか
10/30 メイカルタ許認可めぐる贈収賄:リッポー幹部が、逃亡の末自首。CEO事情徴集へ
10/30 予算案承認めぐる収賄容疑で国民信託党からの国会副議長が容疑者に認定。

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

9月度インドネシア投資環境:ニュースは停滞、8月と共通

*大型地震 2件 * Rp暫安で輸入抑制 *プルタミナ女性元・現社長に司直の手
*大統領選白熱 政治不寛容 *高速道路建設は進む *日本の鉄道会社不動産投資 
*韓国勢い $62億経協、現代SUV生産、斗山火力、現代EGディ工場 地震見舞一番乗り

以下記録
9/5  京阪電鉄不動産とナイス、ジャバベカとチカランでゴルフ・リゾート開発計画。
9/13 ダイセー・ログ・インドネシア、GIICで物流倉庫建設
00rumine2016

9/20 ルミネ、プラザ・インドネシアに12月オープン。
9/26 西鉄、チランダックで分譲マンション合弁開発へ、総事業費71億円
9/5  貿易赤字抑制で1,147品目の輸入PPh22税率引き上げ
9/26 首都の埋立事業は停止、計画あった17島のうち13島の基本許可取り消される。
9/24 政治的不寛容が増えている:イ調査研究センター。来年の大統領選に向けて注意。
9/18 リンタス・マルガ、クルタジャティ高速道、融資8.9兆ルピア獲得。
9/14 首都外環第2高速道は来年の開通目指すと公共事業相。
9/26 チネレ~セルポン間高速道路建設に国有3行とBCAによる協調融資9,500億ルピア。
9/27 デポック間高速道(全長21.6km)一部開通、アンタサリ~ブリギフ間5.8km。
9/28 中スラウェシでマグニチュード7.4、3mの津波も発生。死亡被災急増中  Oct8で5,000人も予想 RIP...

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

8月度投資環境トピックス アジア大会。団結成功で自信、

8月度投資環境トピックス
アジア大会。団結成功で自信、2032年夏季オリンピックへ。観光に力
00asia_game

8/1  6月の外国人訪問客数1,318,028人、上期は前年同期比13.08%増の7,525,910人。

267622_14030716550018601240
8/21 スカブミ~パンガンダランを観光経済特区に:観光相が方針。
8/28 マンダリカ経済特区にアジアインフラ投資銀(AIIB)が2.6億ドル融資 提案。
8/31 西ジャワがインフラ、観光、製造に外資誘致。ゴミ処理、クルタジャティ、スバン

貿易収支は悪化続きRpも不安
8/13 トルコ・リラ急落の余波か、1ドル=14,500ルピア超。
8/15 7月の輸出は162億ドル、輸入は183億ドル、単月で赤字21億ドル
8/15 BI 7-day Reverse Repo Rate引き上げ5.25%→5.50%。
8/24 900品目の輸入関税引き上げを検討、輸入抑制で財務相。PPh22も

一寸記録のみ:
8/7  クラカタウ・ニッポンスチール・スミキン、チレゴンの自動車用鋼板新工場が開所。
8/8  インドネシア・エアアジア、ジャカルタ~成田直行便9/30から運休。
8/14 清水建設、国営PPらとのJOでパティンバン港アクセス道路受注、1.2兆Rp
8/20 金融サービス庁(OJK)がフィンテックセンター開設。
8/24 南第IIチカンペック高速道路の開発事業、入札へ、年内着工、2020年完工目指す。
8/28 チカラン・ドライポートと高速道アクセス3.06kmが開通。
8/3  麻疹風疹混合ワクチンがハラルか、児童摂取を一時停止でMUIが合意。
8/9  次期大統領選:ジョコウィはMUI議長、プラボウォは現ジャカルタ副州知事を選択。
8/18 アジア大会開幕、9/2まで。開会式にジョコウィはヤマハ「FZ 1 Fazer」で登場。
8/24 リアウ火力発電収賄の社会相辞任、ジョコウィ内閣初。後任にギナンジャール息子。
8/26 ロンボク直近の地震、7/29以来5回ほど大型余震続き、合計死者は555人
8/25 チレボン高速道で警官が狙撃されて死亡イスラム過激派JADメンバーの犯行
8/31 来イした豪新首相がジョコウィ会談、11月に包括的経済連携協定締結で合意。


追加
8/6 東京建物、ジャカルタでマンション・オフィス2件参加DarmaMitraとFarpoint

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

7月の投資環境 :株価魅力アップか

7月の投資環境 :株価魅力アップか
7/12 韓国投資証券、イ現法設立。
7/19 JPモルガン・チュース銀、対イ投資判断「オーバーウエイト」に引き上げ。
7/30 総合株価指数6千超え6,027.94ポイント。
Bursaefekt_photogorakunjana
写真はBursa Efek Indonesia. Foto ilustrasi: Gora Kunjana より借用


統合オンライン許認可システム進展へ
7/9  中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システムOSS(オンライン・サブミッシ ョン・システム)開始
7/19 BKPMもOSS引き継ぎに意欲、OSS専門の新部署立ち

大型投資・都市建設も更に進展
7/1  インカ、バニュワンギに鉄道車両新工場建設へ、投資1.6兆ルピア。
7/17 五洋建設、パティンバン港建設受注、東亜建、りんかい日産他JV、約500億円
7/28 河北鋼鉄集団、クンダルに鉄鋼工場建設へ、投資$25億、国内最大の300万t
7/5  ソフトバンク、リンクネットと提携、リッポーの新都市などへのIoT技術導入
Ion_no4
7/13 京浜急行、伊藤忠やシナールマスと合弁でサウスゲート内にてタワーマンション (29階建て)の分譲へ。イオンモールはイ4号店決定

国内IS制圧
7/9  デポックの民家でライフル所持していた5人逮捕、イスラム過激派
7/16 スラバヤ・テロ(今年5月)以降200人逮捕、うち20人射殺 と国家警察。
7/30 IS支持の過激派組織JADは非合法:南ジャカルタ地裁が解散命令。

事故・災害も常に要注意
7/3  スラヤル島沖で連絡船が浸水、4日までに34人の死亡確認。
7/29 ロンボクでマ震度6.4。少なくとも16人死亡、8/5余震で震度7で98名死亡


| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

二つあるAl Alam モスク

Masjid_alalam_cilincing_1

先日のマルンダのAl Alamモスクは突き詰めるのに時間を費やしたが同じ名前のモスクが同じような住所に同じようにたたずんでおりその謂れを共有していたからである。こちらは区別の為か名前に1が付きAl- Alam 1と言われ住所はJL Cilincing, RT. 005/04, RT.3/RW.4, Cilincingであり、共にCilingcing地区なのである。

Cilincin_nov06_021
場所は前回工業団地に行く途中の古い橋の湊地区である。
このいわれもどっちのモスクの事やらわからぬお互い古さを誇っているが、何せ昔Al Alam Marundaを探して来た人がJl.Cilingcingの方を見つけそれから混同が始まったようだ。 
Rindu Masjidさんの写真を借用したが氏いわく 共にAl Alamで古い二つのモスクとしている。DKI市の記録にも1527年築の事は触れられており、この歴史的な場所を保存するために、1972年にアリ・サディキン知事の下モスクは改装され、そして市の遺産として登録された。  
1527年と言えばインドネシアでも最古のモスクの一つだろうとリストを調べると最古は1288年でバニュマスのSaka Tunggal とでている。Fatahilahと関係あるデマックのAgung Demakは4位であるのでこのCilincingのAl Alamは5位となるか。確かにRindu Masjid氏はトップにこの二つを挙げている。Jakarta.go.idで確かめるとMarundaは1527年、Cilingcingは17世紀となっているがどちらもFatahilahの名前が出ている。そっとしておこう。


| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

6月の投資環境 :ラマダンでもどっこい生きて

ラマダンでもどっこい生きて
6/22 小規模売上企業へのファイナル法人税率0.5%に引下:PTは3年で卒業指導。
6/26 国産商用車、来年生産開始と工業相、農産物や肥料などの運搬に。
6/28 今年上期の首都圏工業団地販売150 haに、ジャワ外も42%超の勢い
6/21 首都空港第4ターミナル建設へ。スマラン新ターミナルは旧の9倍で開港。

国際機関大口借款、投資促進へ
6/5  観光インフラ・サービス改善等支援で世銀が3億ドル融資へ。
6/8  民間投資促進と財政改革支援にアジア開銀が計10億ドル融資へ。

記録として:
6/26 丸紅、南スマ地熱発電所着工、東北電力らと。第3ガス発電所(800MW)にも参加
6/26 グダン・ガラム、クディリ新空港建設に10兆ルピア投資、来年着工。
6/26 ディルガンタラ・インドネシア、比に航空機2機輸出。
6/5  ポンドックグデ付近で高速に石投げ、2回も、1人が死亡する惨事となった。
6/8  インドネシアが国連安全保障理事会の非常任理事国に選ばれる、2019年から2年間。

Toba

6/18 トバ湖で船転覆、200人近くが死亡・行方不明 水深460メートル
6/22 スバンで爆弾所持のイスラム過激派メンバーを射殺。
6/25 パプアで統一地方首長選の警備に襲撃、周辺住民ら3人死亡、操縦士らけが。
6/25 アナック・クラカタウ山が噴火。アグン山もまた噴火、翌日空港一時閉鎖。
6/30 第9回リトル東京ブロックM縁日祭、7/1まで。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

MRTはどうなっている

現在建設中のMRTは若干の運行準備に関わる心配事項はあるが先ずは計画通り進んでいるものと思う。この後、Phase IIは休止するとか中国の融資が躍るようなことを小耳にはさんだがどうだろうか。まさか中国にコタ線など取られると、一生日本と異なる中国の車両を見るたび、この敗戦ストーリーを思い出させられるかもしれない。
日本に居てジャカルタの事を心配しても始まらないが現状や方向性を見ることが出来ない以上ニュースを追い総合化するしかない。
Phase IはレバックブルースよりHIまで13駅あるが、こちらの進捗状況は今既に94,6%、来年の3月商業運行開始はギリギリ間に合うだろうと報じられている。
2018_04_26_44883_1524732247_large
車両は2Units到着分は検査中で残りは14 Units各6両編成で日本車両が日本で製造中と聞く。 6月に積み出し、又8月に線路に通電される予定。
この全ての駅は所謂TOD (Transport Oriented Development公共交通指向型都市開発)を建設する。その為にDKI 市は専門会社としてMRTを指名した。
運賃以外の収入源を得たことになる。
市では駅名を入札形式で募っている。 飛行場線のDukuh Atasは駅名にBNI Cityを冠し収入を得ていることに味を〆たのだろう。

Phase IIはそこからコタ中央駅を越えてカンプン・バンダン迄 8駅7.8km(->8.1km)の方は今年12月グラウンドブレーキングを行うスケジュールになって予算総額はの25.1兆は日本からと報じられてはいる。
更にPhase-3はJakarta—Serpong間でFSが行われている。今日中ったニュースからはとりあえず以上で後補充アップデートしてゆこう。
(Jun.26) 資金25.1兆(Phase Iの追加資金2.6兆含む)は円借で順次締結予定なること、25日には河野外相も視察した事ジャカルタ新聞が報じた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧