2018年10月 6日 (土)

9月度インドネシア投資環境:ニュースは停滞、8月と共通

*大型地震 2件 * Rp暫安で輸入抑制 *プルタミナ女性元・現社長に司直の手
*大統領選白熱 政治不寛容 *高速道路建設は進む *日本の鉄道会社不動産投資 
*韓国勢い $62億経協、現代SUV生産、斗山火力、現代EGディ工場 地震見舞一番乗り

以下記録
9/5  京阪電鉄不動産とナイス、ジャバベカとチカランでゴルフ・リゾート開発計画。
9/13 ダイセー・ログ・インドネシア、GIICで物流倉庫建設
00rumine2016

9/20 ルミネ、プラザ・インドネシアに12月オープン。
9/26 西鉄、チランダックで分譲マンション合弁開発へ、総事業費71億円
9/5  貿易赤字抑制で1,147品目の輸入PPh22税率引き上げ
9/26 首都の埋立事業は停止、計画あった17島のうち13島の基本許可取り消される。
9/24 政治的不寛容が増えている:イ調査研究センター。来年の大統領選に向けて注意。
9/18 リンタス・マルガ、クルタジャティ高速道、融資8.9兆ルピア獲得。
9/14 首都外環第2高速道は来年の開通目指すと公共事業相。
9/26 チネレ~セルポン間高速道路建設に国有3行とBCAによる協調融資9,500億ルピア。
9/27 デポック間高速道(全長21.6km)一部開通、アンタサリ~ブリギフ間5.8km。
9/28 中スラウェシでマグニチュード7.4、3mの津波も発生。死亡被災急増中  Oct8で5,000人も予想 RIP...

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

8月度投資環境トピックス アジア大会。団結成功で自信、

8月度投資環境トピックス
アジア大会。団結成功で自信、2032年夏季オリンピックへ。観光に力
00asia_game

8/1  6月の外国人訪問客数1,318,028人、上期は前年同期比13.08%増の7,525,910人。

267622_14030716550018601240
8/21 スカブミ~パンガンダランを観光経済特区に:観光相が方針。
8/28 マンダリカ経済特区にアジアインフラ投資銀(AIIB)が2.6億ドル融資 提案。
8/31 西ジャワがインフラ、観光、製造に外資誘致。ゴミ処理、クルタジャティ、スバン

貿易収支は悪化続きRpも不安
8/13 トルコ・リラ急落の余波か、1ドル=14,500ルピア超。
8/15 7月の輸出は162億ドル、輸入は183億ドル、単月で赤字21億ドル
8/15 BI 7-day Reverse Repo Rate引き上げ5.25%→5.50%。
8/24 900品目の輸入関税引き上げを検討、輸入抑制で財務相。PPh22も

一寸記録のみ:
8/7  クラカタウ・ニッポンスチール・スミキン、チレゴンの自動車用鋼板新工場が開所。
8/8  インドネシア・エアアジア、ジャカルタ~成田直行便9/30から運休。
8/14 清水建設、国営PPらとのJOでパティンバン港アクセス道路受注、1.2兆Rp
8/20 金融サービス庁(OJK)がフィンテックセンター開設。
8/24 南第IIチカンペック高速道路の開発事業、入札へ、年内着工、2020年完工目指す。
8/28 チカラン・ドライポートと高速道アクセス3.06kmが開通。
8/3  麻疹風疹混合ワクチンがハラルか、児童摂取を一時停止でMUIが合意。
8/9  次期大統領選:ジョコウィはMUI議長、プラボウォは現ジャカルタ副州知事を選択。
8/18 アジア大会開幕、9/2まで。開会式にジョコウィはヤマハ「FZ 1 Fazer」で登場。
8/24 リアウ火力発電収賄の社会相辞任、ジョコウィ内閣初。後任にギナンジャール息子。
8/26 ロンボク直近の地震、7/29以来5回ほど大型余震続き、合計死者は555人
8/25 チレボン高速道で警官が狙撃されて死亡イスラム過激派JADメンバーの犯行
8/31 来イした豪新首相がジョコウィ会談、11月に包括的経済連携協定締結で合意。


追加
8/6 東京建物、ジャカルタでマンション・オフィス2件参加DarmaMitraとFarpoint

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

7月の投資環境 :株価魅力アップか

7月の投資環境 :株価魅力アップか
7/12 韓国投資証券、イ現法設立。
7/19 JPモルガン・チュース銀、対イ投資判断「オーバーウエイト」に引き上げ。
7/30 総合株価指数6千超え6,027.94ポイント。
Bursaefekt_photogorakunjana
写真はBursa Efek Indonesia. Foto ilustrasi: Gora Kunjana より借用


統合オンライン許認可システム進展へ
7/9  中央~地方政府結ぶ統合オンライン許認可システムOSS(オンライン・サブミッシ ョン・システム)開始
7/19 BKPMもOSS引き継ぎに意欲、OSS専門の新部署立ち

大型投資・都市建設も更に進展
7/1  インカ、バニュワンギに鉄道車両新工場建設へ、投資1.6兆ルピア。
7/17 五洋建設、パティンバン港建設受注、東亜建、りんかい日産他JV、約500億円
7/28 河北鋼鉄集団、クンダルに鉄鋼工場建設へ、投資$25億、国内最大の300万t
7/5  ソフトバンク、リンクネットと提携、リッポーの新都市などへのIoT技術導入
Ion_no4
7/13 京浜急行、伊藤忠やシナールマスと合弁でサウスゲート内にてタワーマンション (29階建て)の分譲へ。イオンモールはイ4号店決定

国内IS制圧
7/9  デポックの民家でライフル所持していた5人逮捕、イスラム過激派
7/16 スラバヤ・テロ(今年5月)以降200人逮捕、うち20人射殺 と国家警察。
7/30 IS支持の過激派組織JADは非合法:南ジャカルタ地裁が解散命令。

事故・災害も常に要注意
7/3  スラヤル島沖で連絡船が浸水、4日までに34人の死亡確認。
7/29 ロンボクでマ震度6.4。少なくとも16人死亡、8/5余震で震度7で98名死亡


| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

二つあるAl Alam モスク

Masjid_alalam_cilincing_1

先日のマルンダのAl Alamモスクは突き詰めるのに時間を費やしたが同じ名前のモスクが同じような住所に同じようにたたずんでおりその謂れを共有していたからである。こちらは区別の為か名前に1が付きAl- Alam 1と言われ住所はJL Cilincing, RT. 005/04, RT.3/RW.4, Cilincingであり、共にCilingcing地区なのである。

Cilincin_nov06_021
場所は前回工業団地に行く途中の古い橋の湊地区である。
このいわれもどっちのモスクの事やらわからぬお互い古さを誇っているが、何せ昔Al Alam Marundaを探して来た人がJl.Cilingcingの方を見つけそれから混同が始まったようだ。 
Rindu Masjidさんの写真を借用したが氏いわく 共にAl Alamで古い二つのモスクとしている。DKI市の記録にも1527年築の事は触れられており、この歴史的な場所を保存するために、1972年にアリ・サディキン知事の下モスクは改装され、そして市の遺産として登録された。  
1527年と言えばインドネシアでも最古のモスクの一つだろうとリストを調べると最古は1288年でバニュマスのSaka Tunggal とでている。Fatahilahと関係あるデマックのAgung Demakは4位であるのでこのCilincingのAl Alamは5位となるか。確かにRindu Masjid氏はトップにこの二つを挙げている。Jakarta.go.idで確かめるとMarundaは1527年、Cilingcingは17世紀となっているがどちらもFatahilahの名前が出ている。そっとしておこう。


| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

6月の投資環境 :ラマダンでもどっこい生きて

ラマダンでもどっこい生きて
6/22 小規模売上企業へのファイナル法人税率0.5%に引下:PTは3年で卒業指導。
6/26 国産商用車、来年生産開始と工業相、農産物や肥料などの運搬に。
6/28 今年上期の首都圏工業団地販売150 haに、ジャワ外も42%超の勢い
6/21 首都空港第4ターミナル建設へ。スマラン新ターミナルは旧の9倍で開港。

国際機関大口借款、投資促進へ
6/5  観光インフラ・サービス改善等支援で世銀が3億ドル融資へ。
6/8  民間投資促進と財政改革支援にアジア開銀が計10億ドル融資へ。

記録として:
6/26 丸紅、南スマ地熱発電所着工、東北電力らと。第3ガス発電所(800MW)にも参加
6/26 グダン・ガラム、クディリ新空港建設に10兆ルピア投資、来年着工。
6/26 ディルガンタラ・インドネシア、比に航空機2機輸出。
6/5  ポンドックグデ付近で高速に石投げ、2回も、1人が死亡する惨事となった。
6/8  インドネシアが国連安全保障理事会の非常任理事国に選ばれる、2019年から2年間。

Toba

6/18 トバ湖で船転覆、200人近くが死亡・行方不明 水深460メートル
6/22 スバンで爆弾所持のイスラム過激派メンバーを射殺。
6/25 パプアで統一地方首長選の警備に襲撃、周辺住民ら3人死亡、操縦士らけが。
6/25 アナック・クラカタウ山が噴火。アグン山もまた噴火、翌日空港一時閉鎖。
6/30 第9回リトル東京ブロックM縁日祭、7/1まで。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

MRTはどうなっている

現在建設中のMRTは若干の運行準備に関わる心配事項はあるが先ずは計画通り進んでいるものと思う。この後、Phase IIは休止するとか中国の融資が躍るようなことを小耳にはさんだがどうだろうか。まさか中国にコタ線など取られると、一生日本と異なる中国の車両を見るたび、この敗戦ストーリーを思い出させられるかもしれない。
日本に居てジャカルタの事を心配しても始まらないが現状や方向性を見ることが出来ない以上ニュースを追い総合化するしかない。
Phase IはレバックブルースよりHIまで13駅あるが、こちらの進捗状況は今既に94,6%、来年の3月商業運行開始はギリギリ間に合うだろうと報じられている。
2018_04_26_44883_1524732247_large
車両は2Units到着分は検査中で残りは14 Units各6両編成で日本車両が日本で製造中と聞く。 6月に積み出し、又8月に線路に通電される予定。
この全ての駅は所謂TOD (Transport Oriented Development公共交通指向型都市開発)を建設する。その為にDKI 市は専門会社としてMRTを指名した。
運賃以外の収入源を得たことになる。
市では駅名を入札形式で募っている。 飛行場線のDukuh Atasは駅名にBNI Cityを冠し収入を得ていることに味を〆たのだろう。

Phase IIはそこからコタ中央駅を越えてカンプン・バンダン迄 8駅7.8km(->8.1km)の方は今年12月グラウンドブレーキングを行うスケジュールになって予算総額はの25.1兆は日本からと報じられてはいる。
更にPhase-3はJakarta—Serpong間でFSが行われている。今日中ったニュースからはとりあえず以上で後補充アップデートしてゆこう。
(Jun.26) 資金25.1兆(Phase Iの追加資金2.6兆含む)は円借で順次締結予定なること、25日には河野外相も視察した事ジャカルタ新聞が報じた。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

2階建てJapek高速道路

ジャカルタで一番渋滞がひどいJAPEK(ジャカルターチカンペック)高速道路が2階建てで建築急ピッチなることを知り驚いたが、ジャカルタにいる現地人もあまり感じてない風で又驚いた。ジャカルタから日本に戻って4ケ月目だとか数えている内に、いつの間にか1年にもなろうとしているのはそうだが、それにしてもこの1年の間に思いもしなかった建設が始まり且つ殆ど姿を現しているのをネットなどで見て何度も頬をつねってみた。


Becakayu_dll

それはBeca Kayu高速でもそうだった。10数年前に放棄されていた高速の遺骨が立ち上がったBeca Kayuだったが、今回のは渋滞の為小生が1年前にはいつも路肩を走っていたあのJAPEK高速が全くの2階建てになろうとしているのである。
この構想は土地スペースがない場合は誰でも思い付くが日本人は知らないのではないだろうか。しかしそういえばジャカルタでは既に一般道路の2階建てはAntasariとCasablanca或いはPangeranの3ケ所(他にもあろうが。。)では建設され運行されていたことを思いだしたが、使って見た時の感想は降りるときの余りの渋滞で2度と使うまいと思ったことも思い出した。


Faktajalantollayangjakartacikampekp
今回のJAPEK 2階建て(Elevated或いはLayang凧を使う)は降りるところは渋滞が軽くなる地点或いは補助道路を伸ばして渋滞を回避しているのだろうか。また2階建ての始まりはJORR(外環道路:タンジュンプリオクと繋がる)が合流し渋滞に輪をかけるところ(Cikunir)から始まりがこれにより渋滞を防止する効果があり歓迎される。
現在の高速の道路幅は広げることができるので2階建ての足の部分の幅を得ることが出来、そして現代では橋桁を回転させたりSteel Box Girdersの出来合いを釣り上げて作っていく工法を上手く行っているように見受けられる。
この高速道路沿いではLayangが始まる地点(Cikunir:Bekasi)から終わる地点(Karawang)迄に日系工場が多い工場団地MM2100、Jababeka、LIPPO、現代、GIIC、KIIC、Surya Cipta、Indotaiseiと目白押しとなる。この工場団地それぞれ全てにアクセスする現在の高速出口におろすとするとそのインターチェインジは最大9ケ所も必要になるが当たった報道ではどれもそうなってない。Cikunirで乗ればKarawangで降り、Karawangで乗ればCikunirで降りることになるのではないか。Trans Jawaの一環としてジャワ東部への遠距離車用とすれば各駅停車は不要と考えることも出来る。

この高速に沿って先に出したBeca Kayu高速が走っており隣は中国がやっている新幹線(HST)や通勤電車LRTも工事している中での工事である。国営製鉄クラカタウのSteel Box Gindersを使用し国営建設ワスキタとアストラのAcsetが施工しているが既に3割進捗で来年春先には完成と読んでいる。以上推定もいれて書いているが、わかりずらい理由が分かったがこの道路公団Jasa Margaは同時に同じような名前の高速Tol Jakarta – Cikampek II (sisi) Selatanをやっていたのである。(続き)

感想:カサブランカ高架では途中通り過ぎるアンバサダーに行く人が多かった。
タンジュンプリオクから来る渋滞の元凶でもあるコンテナーなどは2階は通れない

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

5月投資環境:過激派蠢動 続発テロで血塗られ

5月連休も終わってからインドネシアは何故かテロの嵐が吹き荒れた。ラマダン・レバランに入る前になるがニュースを並べると以下の様になる。

5/8  警察機動隊本部拘置所で過激派メンバー156人が暴徒化、警官5人+1死亡。
5/10 刃物や銃弾所持のイスラム過激派メンバー4人をブカシで逮捕
5/13 早朝スラバヤ3カ所の教会でテロ一家が分散連続爆弾テロ、少なくとも14人死亡
5/13 警察署近くのシドアルジョの公営住宅でも自爆テロあった、3人死亡。
5/13 チアンジュールで銃器不法所持の4人、抵抗され全員射殺。スカブミで軍事訓練か。 
5/14 スラバヤでまた5人の一家による自爆テロ、警察署入り口で二輪車に仕掛け
5/15 スラバヤの住宅地で銃撃戦、容疑者は死亡。またマランでは、指導者を逮捕
5/16 リアウ州警本部で、過激派5人が襲撃、警官1人死亡。5人のうち4人は射殺
5/22 今度はジャンビの警察署が襲撃される騒ぎ、警官2人けが。
5/25 テロ法改正案、国会で可決。大統領の発動命令で国軍がテロ対策に参加可能に。
5/27 IS関与の疑いの女子学生ら8人シリアから送還される。
未だレバランの休暇が終わるまでは半月以上もある。なんともコメントもしようがないが短絡的に言えばイスラムと石油になる。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

見違えるジャカルタ交通事情

日本に戻っている間にジャカルタが驚く程変わっているようだ。カラワン方面への第2チカンペック等、頬をつねらねばならないが、今日は建設会社の一つAdih Karyaのニュースだけをちょっとだけ集めてみよう。

Petajalurdanstasiunlrtcibuburcawang
先ずは現在彼らが鉄道を敷いているLRTであるがジャカルタとボゴール デポック ブカシをT字形でつなぐJABODEBEK線であるがこの中でジャカルタ・チャワンが中心となるがそのCawanとCibubur が完成率59%、Cawan-Bekasiが33%、Cawan-Dukuh Atas(ジャカルタ)が21%で2019年には開通の見込みらしい。このLRT線に沿った駅舎を中心に所謂TOD(+Hotel)を開発していくがこのための子会社を設立した。この構想はとりあえず12ケ所のTODがデザインされ、総投資55兆ルピアで11年計画があるが更にこの内4ケ所(Sentul,Ciracas、Bekasi Timur、Jati Cempaka)を今年着工するそうだ。
この他首都圏では環状高架線を検討している。(Kereta Layang Loop Line)これにはWijaya KaryaとJaya Konst.の国営3社のコンソーシアムが考えられ10兆ルピアで3年計画である。運営はKAIが担当する。
今日のNNAニュースによるとラトゥ・プラブという別の会社が首都圏でLRTを計画している。中韓7社が関心を持っているそうだが、第1期は飛行場線と コタ・スデイルマン線であるのでここは重複することになる。
いずれにしても運輸大臣はこれらLRTやMRT、他にKommuterや BRT(Bus Rapid Transit)で2023年にはジャカルタは渋滞から解放されると宣言したそうだ。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

見つけたイスラム青年運動根城 GPI=FSI=FPI

SonyのExperiaで取った写真で分類しそこなって取った場所が不明なものがあった。写真を拡大し場所を表す文字を探したり周りの風景で探したりした結果探し当てたのがMenten Rayaのここを取った写真であった。
00gpii_201704021015dsc_000001
手前に大きくMasjid Al Fataa YAKPIとあったがこれでは不明、奥にGPIIとかあったがこれも不明、結局フラワボードに書かれた言葉「Pelantikan GPII Se-Jakrta Raya」とその日付でその関連ニュースをあぶり出し偶々ニュースに場所が書かれていたので次はGoogle Mapで場所を確認し、
00gpii_menten
最後はマイアルバムで同じ場所を2007年に撮っていた写真を発見することが出来たのである。2007年では何でもない所だったのであるが、この問題の写真を撮った2017年4月10日は丁度ジャカルタ都知事選挙の前で現職華人のアホック知事の失言からイスラム冒瀆をあおっていた時代であるが、ここで選挙キャンペーンの行事を行ったのであろう、それがフラワーボードの言葉であった。この隣はイスラム過激派で有名なFPIの施設である。GPIIはクリスチャンの組織に似たものがあるがこれはGerakan Pemuda Islamでイスラム青年運動である。どうも独立戦争時代からのものであるが、あの知事候補組は宗教を使って現職を追い込んでいったきらいがあった。
00fsi_google2018
Googleで隣の写真の横断幕を判読すると これはFPIでなく更に過激と思われるFSIであった。この横断幕をちゃんと読む気もないしアラビア語は解らないので解る単語を書き出すと Kami siap matiいつでも死んでやる tetes keingat dan darah mujahid sebagai benten akhirat 不滅の砦となる我が血と汗 tembak dan tenggelamkan 撃ちて溺死へ mengangkut orang cina 支那人を送れ となる。GPIが正当なるものであればそれを隠れ蓑にしたのか。。GPIは独立戦争のときは意味はあったであろうが。。
このブログは不明な写真の正体が分かった喜びが首題である。 分類失敗と言ったがこのExperiaでは問題があり何とかパソコンに移動できるSDファイルで撮っているのであるが、それでもカメラが勝手にSDとCに振り分け、そしてどちらも写真の一枚1枚が勝手に個別フォルダに入れられこれを1枚1枚開けないとなんであったか解らないので1枚1枚名前を付けて保存しなおしその後やっと地区別分類に正式保存できる。問題の写真は日時表示はあるが時間順でもなく出てくるのでそれでも直前を探すとディポネゴロの近くの写真で離れすぎであった。
それが放置の理由であった。

昨日はスラバヤの悲劇、お祈りをささげる。
人はなぜ生きるか :生きて学ぶ 学び生きる 生きることを学ぶ 考えさせられる毎日だ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧