2018年9月25日 (火)

私の台湾 花蓮港

20180924_4

もっと知ろうと思ったのは生まれた時代の台湾と今の台湾の事でそして取った本が「霧の蕃社」(中村地平)と「蕃婦ロポウの話」(坂口䙥子)である。その中で扱われているのは日本居住民134人惨殺の霧社事件でそれは我が家の家から100㎞も離れてい居たのであろうか、そしてほんの十年程度前に起こった事件だったようだ。その頃日本の巡査と蕃婦との結婚は奨励はされこのこの高山の山奥では二人は愛しあってはいたが転勤命令で山を下り賑やかな花蓮港に住んでみると日本社会から白い目で見られ、堪えられなくなった巡査は失踪した。蕃社に出戻りになってしまった妹を想いそして責任感からいつしか兄の心に日本社会への反逆心もつのり、事件となる。日本人学校建設や(ダム建設も?)の使役の厳しさもあった。台湾が日本領地となったのは1895年であり事件の1930年は既に35年がたち日本の理蕃政策も上手く行っているように見えたし妹の結婚或いは出戻りからも10年やそこらは立っており憎しみを和らげる時間も十分だったように推定された。地図を見ると現場は台中と花蓮港との中間の縦走山脈の高地でこの山脈に多くの現地部族が住んでおり政策的には囲い込みで高山族を囲繞し山から降ろす政策をとっていたもので、山に固執するものと降りる者或いは反逆派と親日派に分けることも出来る状態の中反逆派は6部族で1,000人ほどであった。又当日現実に凶器を取ったのは300人ほどで真っ最中の居留民の学童懇親運動会に躍り込み婦人子供迄140人ほどの惨殺者を見たものである。政府は警察以外に陸空軍を投入、軍としても初めてと言う飛行機による爆弾投下までやり、500人規模が死亡或いは自殺し500人が投降した。しかし翌年には軍にそそのかされたのか逆に親日派の蕃社が反逆側を襲撃し200人規模を殺害した第2霧社事件が起こっている。
事件の首謀者は結局あの兄のセデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオで、永久抵抗で洞窟にこもったがその白骨は1934年発見され、戦後遺蹟と共に埋葬された。
地図拡大するとMona・Rudo Memorial Parkと現場の霧社櫻台が見える。

台湾の人口23百万の内先住・原住民は60万人で全人口の2%(認定は16族あるが毎年減っていくか)で最大はアミ族である。あの小説の中で蕃婦をしこめすなわち (醜女)としているものもあったが、どうして今ミス台湾はあみ族出身である。ビビアン。スーの可憐で明るい歌にはホットするものがある。
当時日本では陛下の慎みのお言葉もあり、台湾植民地化には大分気を使っていたのだろう。
Youtubeには「なつかしの蕃社」(霧島昇・菊池章子)や少し離れるがサヨンの鐘など出てくる。
花蓮港 花蓮舞曲
https://www.youtube.com/watch?v=90nKMPN3bW8

https://www.youtube.com/watch?v=dbSoy_lbVJY https://www.youtube.com/watch?v=dbSoy_lbVJY
には現地人の踊りや綺麗な観光風景もみられるが序に花咲港も聞いて、不思議な感興から1日離れることが出来なかった。


| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

マンマ・ミア! ABBA Takes It All

未だ3日ほど日にちがあるがABBAのジャカルタ公演が観られる。実際はABBAのミュージックを中心に編成された劇団の公演である。JAKARTA POSTが報じた ‘Mamma Mia!’ Wins and takes it allと言うタイトルが目にはいったのである。
2018_08_24_52287_1535074610_large
ミュージカル公演でタマン・イスマイル・マルズキ・テアターで9日迄である。Mamma Miaと言うのは同じ内容で作られた映画のタイトルでそれを見ると22曲ほどが入っているそうで知っている歌をピックアップすると

›Chiquitita、
›Dancing Queen、
›Gimme! Gimme! Gimme!
›I Have a Dream
›Mamma Mia
›Money, Money, Money
›S.O.S.
›Slipping Through My Fingers
›Super Trouper
›The Name of the Game
›The Winner Takes It All
›Voulez-Vous
›Waterloo
こんなに多くの曲を知っているのは自分ながら不思議だが、好きな歌はWaterlooとSOSかなと今思う。ジャカルタ公演ではFernandoなどが入ってないようだ。ABBAのカセットは 昔、ジャカルタでコレクトしたカセットの山の中にあるはずだが、あまりの多さに他の懐かしいカセットに埋もれて時間が過ぎて行く。

Sl1600

念の為ネットで探すと古いカセットが2万円台で売っている。小生もメリカリに出したくなったが、ジャカルタのは海賊版故、価値ゼロだろう。タイトルのMamma Mia!と言うのは全英ゴルフ優勝者の報道でも使われていた。


https://www.youtube.com/watch?v=c6kVLAn-MsM将にABBAもマンマ・ミアの驚きだ!彼らは1974年デビューし1982年には解散しているがその短い間に世界各国で公演しながら愛を紬ぎ、結婚しそして二組とも離婚したが、その後解散で消えていくグループをファンが許さず、テレビドラマになり、映画になり、レコードを出し、コンサートを行いTributeバンドやこのミュージカルともなったのである。早読みの内容だから皆自分で読んでいただきたいがThe Winner Takes It Allは彼ら4人の曽っての夫婦二組のその後の心境を謳ったものの様に聞こえる。。。我々の場合は勝者も敗者もなかったと。
The game is on again
A lover or a friend
A big thing or a small
The winner takes it all

もう一つのマンマ・ミア!クラスニュースを、この少し前にキャッチしていた。 それはポールマッカートニーの日本公演ニュースである。 これはいずれ。。

追:ABBA自身、今年新曲と共にreunion、復活果たしている。彼らは1950年生まれ68歳である。ミュージカルは1999年初演で2016年最長記録である(継続中?)。 世界40ケ国以上、インドネシアは今回が初めて。日本は2009年。劇団四季による日本版マーマミアは通算3,000回公演した。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

見直すプレスリー

先日の全英でモーリーさんが優勝したと言うのでGood Golly Miss Mollyを昔歌ったLittle Richardと、同じく同時代ロック界のキラーのJerry Lee Lewisに触れたが、思い出してロック界のキング、Elvis Presleyのbiographyを読んで見た。これらはロックの初期の時代でこれに加えてFats Domino("Blueberry Hill"、1955 "Ain't That A Shame")やChuck Berry(1958年“Sweet Little Sixteen”)が出て来た。Little Richardと共にいずれも黒人で、体を使ったパフォーマンスが共通している。ブルベリーヒルーは歌自体は古い歌であるが小生はファッツドミノで感化を受けたものだ。そして当時のプレスリーのYouTubeのアルバムElvis in the 50s
https://www.youtube.com/watch?v=Yrk9l8EZFC8にこの系統の聞かせるR&Bを発見し新しいプレスリーに出会った感じであった。
後で調べると既にHeart Break Hotelは1956年1月にビルボード1位になっていたが、それより前或いは彼らより前の時代のプレスリー発見かと思ったが大体同時代であった。
20180805

収録曲はLove Me (1956Aug)、When my blue moon turns to gold again, Too much(1957), I want you, I need you, I love you(1956)、Got a lot o’love to do(1957 Loving you)及びDon’t leave me nowだった。彼の初期はSunレコード(RCA所属の前)で1953年My Hapinessや1954年That’s alrightがある。最後はストレスか、薬の過剰摂取だったのか突然死の42歳であった。

死期の前の全盛時代の聞かせる歌もいいが、今よく聞くといくつもいいものがあり、映画もよく見たしファンの一人だったことを忘れていた。最後のステージでも歌ったAre you lonesome tonight やYou gave me a mountainもいい。

https://www.youtube.com/watch?v=yoH367Dg4YY
20180802_5


| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

YouTube 世界ランキングで落魄

Hqdefault
昨日You TubeのBlondieのDebbie Harry のHeat of Glassは1億回視聴で云々と感想を述べたがその後、この視聴数は誰が多いのだろうかと自分のFavourite Fileから探し始めていたが、その後又驚くような展開となっていく。 日本の歌謡曲、フォークやカントリーは懐かしの分野であり記録は低調である。USA for Africaで1.2億で初めて頷いたが次に現代的ヒットはフォルダー名Power of Loveにファイルしていたのでここを見るとW.Hoestonが1.6億、マイケルジャクソン Smooth で2.2億、Bee Geesが2.7億、マリアキャリーで4.1億、最後シンディラウパー5.9億であった。少しずつ好みから離れていく気がする。Googleで世界の現代ランキングをみると、ここは別世界で25.0億回から35.0億回である。 日本に来てくれたJustin Bieberが一度TVに出たので名前は知っている位であるが他はKaty Perryhttps://www.youtube.com/watch?v=CevxZvSJLk8、Maroon5、Taylor Swiftがあるが上のTop3には好きになれそうな曲はなかった。ここで驚くは韓国のものが昨年世界一、今年は第3位であったことである。歴代ランキングであるので一度取った大量得点があれば毎年加算されていくので続けて顔を出すこともある。世界ランキングの他日本のランキングもある。日本人が視聴するのはアニメやテレビCMなどで子供の世界と言う感じでがっかりした。 見たのは歴代でなく2017年だけのものであったが1位はDAOKOで94百万でダントツ状態であった。それらの中に2つもK-POPもある。 DAOKOが何なのか興味も引かないがこの曲の世界ランキングでは何と470位である。 昔、世界で活躍したPPAPもあったなと思ったが1億がらみで大したことはない、それより恋するフォーチュンが歴代1.4億がトップかな。 悲しいかな惨憺たるこの世界は知らなかった。
日本のテレビは日本が芳しくないような世界の状況は放映しないのではないかと勘繰りたくなる。 しかし今日玉川氏が日本の科学技術論文集は昔世界の第2位であったが、昨年あたりは第9位の4,000件、中国が2万台の2位であること、多分に安倍の基礎研より金になる応用重視政策が一つ理由になることを指摘していた。

Katy PerryをMy favoiteに入れたのが今日の収穫であった。

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

マーマミア! モーリーダーリン

Imageshru9abgx
一昨日だったか全英オープン(カーヌスティで147回目)を深夜見ていたが、ウッドの勝利を明日の楽しみにして、寝室に入り又寝る前のYoutubeを楽しんだがその時何故かGood Golly Miss Mollyと言うピアノロックに初めてのように再会した。
その日の最初のYou Tubeのお誘いは何故かロック界のキラーと言われたJerry Lee LewisのLost Man Standing、又ピアノを足で弾くようなことでもあるのかと思いながら次がこのMollyである。歌手はLittle Richardで全く同じパフォーマンスで驚いた。ムハマッドアリの50年誕生日のステージであった。
翌日全英の結果を知りたくて見ると無名のイタリアの35歳モリナリ(イタリア人では初めてのメジャー優勝)だという。確かウッドと同じ組でトップの10アンダーに対し4-5打差の6位であった。5番ホールからトップ二人が同時にダブルボギーで転げ出し7アンダーに迄落ち、ウッドはその間バーデ―を出し遂に単独トップになった所で後の楽しみで寝ることにしたわけである。この時のトップは昨年の優勝者スピースで連勝の期待を裏切りその後もミスが重なり4アンダーの9位で終わっている。トップタイであったシャウフェレは米24歳、昨年PGA優勝の新人であったが彼も最後のホールまで見放され6アンダーの2位タイの4人の一人に終わった。ウッドも不運が突然襲い結果5アンダータイの3人の一人であった。あの後見ていれば寝つきが悪いことになったであろうが、翌日の現地のニュースでも驚きの表現で報道していたようでそれがマーマミア!(なんてこった)でありGood Golly Its Molly(おやおや モーリーかい)と言うものであった。

Photo
小生が将にこの原曲を聞いているときMollyが頑張ったのである。このロックは1958年でそんな古い歌がゴルフ記者の頭に浮かぶのかと驚いたが古さと言えば全英オープン1860年が最初の開催で2回目の優勝者にトム・モリスが居たが彼は通算9回も優勝していた。歌手のRichardは1932生まれ、Lewisは1935年生まれ、まだ現役のはずでうれしい限りである。このロックのすばらしさに釣られて続けたYuou Tubeは1980年代前後のロック的ヒット曲20のそれから、かれこれ30年後現役で歌っている歌手のシリーズであった。Sting、Call Me Blondie、Cindy Luaper、Morten、Bonnie Tyler、Madonna、O’connor等々 BlondieのDebbie Harry のHeat of Glassは1億回視聴で彼女は73歳である。以上歴史と伝統と古さを大切にする話は力が湧く。


| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

クラシック・カントリー ミュージックに学ぶ

Classic_country

昨夜はYou Tubeで履歴をみるとなんと40曲ほども聞いていたことになる。一つはTop100 Classic Country Songs of All Time を中心としたものであったが、何の曲か誰の曲か紹介のないだらだら編成である。クラッシック・カントリーと言うのはゴルフの話ではなくラジオ局が流したFormatでGolden Ageと1960-90が二つの山である。その中で聞いたこともある歌はキャッチした歌詞の部分からYou Tube で検索を掛けて正しいタイトルと歌手を確認して楽しんだ。簡単なのはキャッチした部分がタイトルになるものだが、Member Me とか No whenとかちょっとしたアクセントなどで訳が分からず情けない。それでも
なんとか5つほど確保した。
1. Remember When…“Remember When”歌手Alan Jacksonである。
2. Know when to hold down…. “Gambler” by Kenny Rogers
3. You’re always on my mind…”Always on my mind” by Willie Nelson
4. On Sunday morning …make body healing..”Sunday Coming Down”by Johnny Cash
5. I’m gonna love you forever.. “Forever & Ever” by Randy Travis

永遠の愛とは! 何かで“永遠でない人間が永遠とは烏滸がましい”と言う言葉に出会ったが仏教の愛別離苦と言うように愛は苦しみをうむものと言うことを明らかにみる事なのであろうか。逢いは別れの始めともいう、或いは耽らざれば何を憂えんと言うことでもある。


| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

今週のお気に入り ブルーグラス バー 

00epicentrum_2014_39


だいぶ前、ラスナにMall Epicentrumが出来たころ、そこにブルーグラスのバー&レストランが出来たと聞いたので、それからいくらか経って見に行った時にはもう姿が無く、心なしかこのモール自体の人気が剥げてきたことを実感したことがある。

00bluegrass_epicen_1457323580

その頃の店の記事が未だパソコンに残っていたので念の為調べると、店の所在はそのEpicentrumのタワーでなくそこから一つ二つ置いた先に独立した店として存続していることが解った。最初から自分自身が場所の確認が足りなかっただけの様ではある。
00bluegrass_bar_rasuna_epi_22mar15_

しかしまたマイアルバムを探してみると自分自身が撮っているものがあった。 それは何年か後に新しくできた道を通っているときの何気なく取った写真であった。今となっては分厚いステーキにはかなわないのでいつしかカントリーのブルーグラスの世界にいざなわれた。


小生に取ってのブルーグラスは初期のブルーグラスで1945年ビルモンローのブルーグラスボーイの“Blue Moon of Kentucky”からで、又その頃アールスクラッグスも呼ばれてジョインしていたらしいがその後レスターフラッツと共に脱退しフォギーマウンテンボーイズを結成或いは“フラッツ&スクラッグス“で活躍した。1962年、テレビ番組"じゃじゃ馬億万長者"のために、"The Ballad of Jed Clampett"は大ヒットした。


00_bluegrass_aerl_scruggs

1969年、グラミー賞を受賞した"https://www.youtube.com/watch?v=AJOIqmlI65YFoggy Mountain Breakdown"は以降反戦運動を支援した歌となった。多くバンジョー引きが、入れ違いに共演するこのアルバムは永久保存版である。この時代の後ニュートラデショナルのリッキースキャッグスやRalph Stanley(The Clinch Mt. Boys)などが出る。彼はカントリーギターのスリーフィンガー・ピッキング奏法(スクラッグス・スタイル)の確立し、2012年に88歳で世を去った。


| | コメント (0)

2017年12月18日 (月)

大江賢次 絶唱 舟木一夫

チェプの油田の続きだが 1億バーレルの新油田の話も確認しないといけないが、この油田は相当古い油田であることだけは感じたが、それは日本が占領した時代このチェプ油田接収の話が南方徴用作家ジャワ篇 7 大江賢次にあったからだ。チェプの話はここまでで、そこから舟木一夫の絶唱と言う歌と結びつき、不思議な気がした。舟木一夫は綿々と続くファンも多いし再デヴューも果たし、小生にとっては近い存在であったのが一挙に日本軍占領時代にさかのぼるそのギャップであった。 しかしそれは大江賢次側にあったようで、彼は1930年の「シベリア」で世に出た作家で彼の1958年の「絶唱」https://www.youtube.com/watch?v=euyIe87vO98&list=RDeuyIe87vO98と言う小説がその後何度も映画化されていたもので
• 1958年 監督:滝沢英輔 主演:浅丘ルリ子、小林旭
• 1966年 監督:西河克己 主演:和泉雅子、舟木一夫
• 1975年 監督:西河克己 主演:山口百恵、三浦友和
というトップ俳優出演である。あらすじを書くと、山陰の大地主の息子と山の炭焼きの娘との悲恋で、親に勘当され、出征に取られ、そして無事に戻って来たその日に娘は逝き、嫁入り衣装を着せて亡骸と式を挙げる話である。
古いテーマであるが百恵からもう43年もたち、今またその時が来たような気がするのでチェプを後回しにした。
Images


| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

今週のマイ お気に入り One Day at a Time

何だったか忘れたがインドネシアのミス・インターナショナルから行きついたのがメリアム・ベリーナ(Meriam Bellina)であったのがこの歌との出会いだろうか、 

https://www.youtube.com/watch?v=llqNL_hBwKcこの年齢になって今頃自分にとっては初めての曲でそして気に入った歌がカントリーの古い歌であったのは何かの縁である。曲は“One day at a Time”と言うものでそう簡単にであえるものではないようだ。
彼女の歌は数多くあり(挙げて見る:Simfoni Rindu、Jangan Pernah kau Ragukan、Mulanya Biasa Saja、Jangan salahkan siapa、Seandainya masih mungkin) その中でKerinduan や Untuk Sebua Namaが更にお気に入りであった。
20171209_3
お気に入りというかその🎤の画像に圧倒されていたのである。しかしまたそれを探すとなるとその画像は見つけることはできなかったというように愛不得苦である。彼女はクリスチアンのようでRohaniのアルバムもある所からこの歌を歌っていたのであろうか。

意味はよくわからないが “今日のこの一日”(1度には1日しか来ない)とでもいうのであろうか 米国に住んだこともない小生には解説は難しい。この歌の正式にはOne day at a time, sweet Jesusというもので1番だけの歌詞を示すと
I'm only human, I'm just a woman(Man)
Help me believe in what I could be and all that I am
Show me the stairway I have to climb
Lord, for my sake teach me to take one day at a time

One day at a time, sweet Jesus
That's all I'm asking from You
Just give me the strength to do everyday
What I have to do

Yesterday's gone, sweet Jesus
And tomorrow may never be mine
Lord, help me today, show me the way
One day at a time

作詞作曲はMarijohn Wilkin and Kris Kristoffersonで 1974年リリースされ翌年ビルボードトップになり以来200以上のカバーがあるようだからいくつかを選ぶことも出来ない。何かアイルランドの香りがする。アイルランドでは90週もトップ30をキープしたからだ。
ゴスペルのMy Favouriteならジムリーブスであろう。
20171209_1


| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

Hatimu Hatiku  Somewhere Between 

10月25日のブログ「Bobbie Owens Haggardの伝説」でSomewhere Between という曲も彼らは歌っていたと書いたが、それをここに再現して見よう。

https://www.youtube.com/watch?v=__QRZCaLJCg
まずは作曲したと思われるHaggardは1968年である。一緒に歌った人はだれかとコメント欄をさがすとBonnieと出ている。しかしBonnieは1967年に歌っているレコードがある。パートナーは女性であるのでソロに近いがバックはHaggardのバンドのようだから翌年の二人のDuetの前に彼女に歌ってもらったのかも知れない。そしてBuck OwensはSusan RayaとDuetで歌っている。 Hee-Hawとしか出てないので年代は70年前後1年の間である。
Boggus_haggard
その後多くのcoverがあるが1975年のTumbleweedと1989年のSuzy Boguss(写真はそのTV画像で相手はHaggard)がある。その他小生に取ってはまがいものの映画もあったようだが、侮れないのはインドネシアのカバーである。これはインドネシア人ならだれもが知っているHatimu Hatiku である。日本人も好きな言葉になっているのではないでしょうか 歌手も大物のTitiek Sandhora&Muchsin Alatasであった。本当を言うとDVDが出る前の方が小生は好きで画像は目障りながら歌うことが多い。出だしの歌詞だけでも記録しておこう。
Betapa sayangku engkaupun tahu、Sehingga kaupun begitu、Namun sayang adalah sesuatu、Antara engkau dan aku、Diantara hatimu hatiku、Terbentang dinding yang tinggi、Tak satu jua jendela disana
Agar ku memandangmu ついでに本曲の方は
Somewhere between your heart and mine
There's a window that I can't see through
There's a wall so high it reaches the sky
Somewhere between me and you …

追:まだ大物がいた。多分1973年頃と思われるが Dolly Pertonと Porter Wagonerである。(Nov.16)

| | コメント (0)